子宮筋腫(良性)&子宮肉腫(悪性)体験者 音函の独り言

子宮筋腫は、小さいうちなら、日帰り手術でも摘出することができます。
しかも、膣式筋腫核出術なら、お腹に傷もつきません。

異常な生理痛や、異常な出血の量を、そのまま放っておくと、
子宮筋腫が大きくなるまで放っておくことになり、
結果、子宮も失うという事態にもなりかねません。

子宮筋腫が再び出来た音函は、再び日帰り手術で摘出。
しかし、成長の早かった2個目の子宮筋腫は、
病理検査の結果、悪性の子宮肉腫だったわけです。

でも、小さいうちに、その悪性の子宮肉腫を摘出できたから、
子宮肉腫が子宮から外に転移せずに、
現在、こうして体験を語れているのです。

良性の子宮筋腫だからといって、なにもせずに放っておくのは、
どうなのかなぁ?・・・という気がします。

それに、成長の早い子宮筋腫には、注意が必要!とも思います。
1個目の子宮筋腫を摘出して、
2個目の子宮筋腫が出来たと思われたときの症状は、
明らかに1個目の子宮筋腫のときと比べると、
お腹の痛みも、出血量も、
ただならぬ異常な痛みと量でした。

担当の先生の治療方針にも左右されてしまいますが、
不安に感じたときには、セカンドオピニオンを受けて、
放っておいてもいいものか?
何か治療か手術をした方がいいものか?
違う先生の意見を聞いて見ることも大切ではないかなと思います。

以上はあくまでも音函の独り言ですので
医学的にこれらの考えがどうなのか?は
ド素人の音函にはわかりません・・・

摘出したモノ自体の写真などは一切残っていないのですが、
付き添っていた家族の話によりますと、
この1度目の子宮筋腫(良性)を先生から術後に見せてもらった時の印象は、
梅干(小梅)の中の種みたいな硬そうなものが砕かれて、
いっぱい液体の中で浮遊している感じだったと言っていました。

ちなみに、2度目の悪性の筋腫(子宮肉腫)を見せてもらった時の印象は、
舞茸(マイタケ)みたいなグレーがかった、周囲がやわらかそうなものが、
フワフワ浮いている感じで、明らかに、素人目に見て、
1度目のものと違っていたと言っていました。

2度目の手術後に、先生から摘出したものを見せてもらったときに、
家族が先生に,
「前回のものと違うんですねぇ。筋腫にもいろいろあるんですねぇ」と言ったら、
先生は、「えぇ」とだけ言葉少なに答えたそうです。

まあ、この時点で、先生は、このグレーの舞茸状のものが、
悪性の可能性があると判っていたのでしょうね。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ
     いつもポチッとありがとうございます ↑  
関連記事
2007.09.18 Tue l 筋腫と肉腫の違い l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yutoridream.blog117.fc2.com/tb.php/8-6b4ef1b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)