2007年10月6日(土)に、
主催:日本癌学会 日本対がん協会 朝日新聞社の、
日本癌学会市民公開講座が横浜で行われたという記事が、
今日、朝日新聞の朝刊に掲載されていました。

その中に、パネル討論というコーナーの記事がありました。
参加した患者さんとその家族からの質問に、
出席者のみなさんが答えるという形式のものだったようです。

ここで、セカンドオピニオンについての質問と回答があったので、
ちょっと抜粋。

-------------------------------------------

≪質問事項≫
一つの病院にかかっているのですが、
別の医師にセカンドオピニオン(主治医以外の意見)を受けたいという質問です。

≪回答≫
 (回答者:山口俊晴さん((財)癌研究会 有明病院)

セカンドオピニオンは、すごく奨励されておりますが、
私が皆さんにお願いしたいのは、
あちこちに目を奪われる前に、
現在の担当医とじっくり話し合っていただきたいということです。

先日も、セカンドオピニオンを求めて患者の家族の方が来られました。
お話をうかがうと、患者さんには大変まともな診断と治療が行われていました。

そこで、「担当医の先生はどういう方ですか」と聞いたところ、
「会ったことがありません」とのことでした。
要するに、地方の病院では心配なので、
都会の大病院にかかりたいということなのです。

セカンドオピニオンは大変よろしいんですが、
ちょっと使い方を間違えると、
医療の現場がかえって混乱します。

ぜひ自分たちからも、
積極的に担当医の先生と話してください。

口下手な先生もいますから、
みなさんにもご協力をしていただきたいと思います。

---------------------------------------------------

という記事でした。

セカンドオピニオンって、診断と治療が行われている状況下で受けるのが、
セカンドオピニオンなんでしょうかね?
未だにそこらへんのところが判っていない音函なのです。


音函の経験上から考えてもそうでしたが、
命にかかわる病気であることを、患者本人に医師から突然告げられ、
臓器を摘出する手術を5日後にしましょう、ということになっているなどの場合、
難題を抱えた患者側は、時間にも迫られる中、
必死になって大量な情報の中から、自分に必要な情報を探します。

当然、本当にこの病気で間違いはないのか?
手術して臓器を摘出する方法しかないのか?
などとという疑問も湧いてきます。

「現在の担当医とじっくり話し合っていただきたいということです」というように、
パネル討論の記事には書かれてありましたが、
音函のように、
はい、説明しました、はい、じゃあ5日後に臓器を摘出手術しましょう、
みたいな状況ですと、医師とじっくりと話し合う時間も持てずなまま、
臓器摘出となってしまうことになりかねません。

かといって、いきなり大きな病院に、セカンドオピニオンを受けに行きましょう!
と思っても、手術期日も言い渡されている状況じゃあ、
紹介状書いてくださいとも言えません。

だけど、誰か、もう一人に、相談したいと思うのは、当然の気持ちです。

で、結局、音函の場合は、かかりつけ医(ホームドクター)に、
相談しに行ったわけです。
そして、その、かかりつけ医から大きな病院を紹介してもらって、
5日後の手術はキャンセルし、
キャンセルした病院からも紹介状をもらって、標本をもらって、
病院を変えました。

この流れのことを、果たして、セカンドオピニオンと呼べるのか?
この辺の、線引きが未だによくわかりません。



関連記事

2007.10.25 Thu l 健康雑記 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

やっぱり、この流れは、セカンドオピニオンと呼んでもいいのかも?ですかね。
そうですよね、はなまるさんのお義母さまのおっしゃるように、遠慮しちゃいかんという言葉、これって、大事なことかもしれませんね。
お互いに遠慮せずにとことん話し合える信頼関係を築くことができれば、治療もスムーズにいくのかもしれませんね。

ホームドクターって、1科だけの診察項目で開業している医院がいいのか、ある程度幅広く(広すぎるのもどうかとは思いますが(^^;)診察をしている医院がいいのか、それにもよりますし、なかなかコレだ!という医院や医師を探すのは、時間がかかるかもしれませんね。
音函のホームドクターは、どちらかというと後者です。
2007.10.26 Fri l 音函. URL l 編集
ホームドクターがいらっしゃる音函さんがちょっとウラヤマシイ。
立派なセカンドオピニオンではないでしょうか?

私自身は引越しに伴って転院しましたけど、旦那の病気の時にセカンドオピニオンというか、手術日が決まっていたのに強制的に別の病院に紹介状書いてもらいました。
( ̄‥ ̄)=3
自分の命、大切な家族の命ですからね。
遠慮しちゃいかん(と義母に教えてもらいました w)
もちろん担当医と直接話し合う事は必要だと思います。

ホームドクター欲しいなぁ σ(゚・゚
2007.10.26 Fri l はなまる. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yutoridream.blog117.fc2.com/tb.php/60-c12b45cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)