昨夜、NHKで放送していた、
ドキュメント にっぽんの現場「いのちのリレー~がんに立ち向かった24時間~」
という番組を見ました。

がん患者や、その家族がひとつになってがんに立ち向かおうと、
9月に芦屋市で開かれた「リレーフォーライフ」というイベントに、
24時間密着取材したという内容の番組でした。

トラックを参加者みんなで歩いて、24時間リレーをしていくというものでした。

同じ病を患い、闘病し、人に言えない悩みなどを、歩きながら互いに話したり、
ときには励ましあったり、患者本人同士であったり、家族同士であったり、
患者と別の患者の家族で話をしたりと、
交流を深められるイベントという印象でした。

番組内では、参加者のそれぞれの思いが映し出されていました。
抗がん剤などの治療をしている途中で、
外泊許可をもらって参加している人もいれば、
去年第1回目が行われた様子をテレビで見ていて、
なんだかみんな楽しそうに歩いている姿を見て参加したくなった人とか、
自信を失いかけていたけど、参加してみて、みんなでゴールをして、
自分にもできたという自信が生まれてみたりとか、
それぞれがいろいろな思いで歩いているというのが伝わってきました。

昨夜の放送で、このイベントを初めて知りました。
アメリカでは、すでに、全米4000カ所以上で行われているそうで、
世界だと、20ヶ国以上で行われているイベントだそうです。

世界共通して、”紫”がイメージカラーのようです。


一度は、自分も、生死の境に立たされて、
あーでもないこーでもないと、時間が無い中、考えを巡らせました。

今、こうして、がん告知から7年が経過し、
なにか大きなものの中で生かされていることに気づき、
そして、さまよいかけていた気持ちも中心が定まりかけて、
この先、死というものが目の前に来ても、
肉体から離れることは悲しいだろうけど、
ただ、肉体から離れることへの執着は、
以前ほど強くはなくなっているのかもしれなくて、
しかも、魂にとっては、
アチラへ(どちらだかはまったく見えてないけど(笑)帰れる嬉しさもあるわけで、
魂と肉体が離れるその日が来るまで、
ただただ修行の日々を続けさせていただこうという思いでいっぱいです。

自分の中ではわかっているんだけど、
いざ文章にしてみると、かなり支離滅裂な文章だわね(^^;

肉体に起きる、肩こりなどと同じで、
心のコリも、肩こりと同じようにもみほぐしていけばいいわけで、
だけど、心のコリはもみほぐせないから、
人に話を聞いてもらったりして、
心のコリをほぐしていくと、
かたまった心のコリがほぐされて、
楽になっていくのかな?と。

リレーフォーライフのように、同じ病気を患っている人たちが、
同じゴールに向かって24時間という時間を共有しているうちに、
心のコリがほぐされていくのかな?と。


よくわからないけど、なんか、そんなことを、
このリレーフォーライフに密着した番組を見ていて、
感じたり思ったりしました。


LOGOSさんの関連BlogにTBさせていただきました。



 
関連記事

2007.10.18 Thu l 健康雑記 l コメント (14) トラックバック (0) l top

コメント

>Take@小田原さん

さっそく見に行ってきました。
一瞬、あの表紙の中に?と思いましたが、ちょっと違ったみたいですね。。。
2007.10.22 Mon l 音函. URL l 編集
Take@小田原、です。
メッセンジャーの発行元、TAKA変酋長こと杉浦貴之さんのSiteのURLを貼っておきました。
2007.10.22 Mon l TAKA変酋長のURLです. URL l 編集
>うさえみさん

チームサルコーマのブース。
それ、いいかもしれませんね。


>Takeさん

アメリカの協会の承認が必要だったとは、これまた初めて知りました。
場所、運営、スタッフ人数・・・
そうですよねぇ、いろいろと裏では動いてくださってるわけですものねぇ。
RFLの名称があるなしにかかわらず、会期が決まったら、近くの大会を探してみようと思います。
いろいろ細かい情報をありがとうございます。
2007.10.22 Mon l 音函. URL l 編集
RFLは、アメリカの協会の承認を得ないと使えない名前でして、その大会に関しては夜を越える(朝まで歩く)と言うのがあってなかなか会場を確保するのが難しいですが、「名称は使えなくても同じ気持ちを共有したい」と言う仲間が、芦屋と同じ15日に、鹿児島と千葉と埼玉で開催されました。
来年は、はなまるさんが書いてくれたように、優奈のママさんと言う方が中心になった北海道大会がすでにエントリーされているほか、富士山の裾野でやりたいという希望も出されていますし、横浜や引き続いて芦屋と言うのも検討に入っています。
身近に気軽に参加できるのを目標にしていますが、それでも折衝から運営までボランティアでするわけですから、それなりのスタッフ人数を集めなければならないなど大変な面もあるようですので、ご理解の上、お近くの大会にご参加くださるようにお願い致します。
2007.10.22 Mon l Take. URL l 編集
北海道は遠いですねぇ。
東京でやってくれるといいなぁ。
リレーフォーライフの中でチームサルコーマでブースを出すことができるといいと思うんですが。そこで「忘れられたガン」を流したりできたらいいのではないかとも思ったり…。
2007.10.21 Sun l うさえみ. URL l 編集
やはり英語だけだったのですね。。。(^^;
mixi見てきました。ほんとですね、北海道なんですねぇ。。。
ちと、いや、かなり、遠い~。。。
2007.10.21 Sun l 音函. URL l 編集
「忘れられたガン」サイトのHOMEは確かに英語標記ですね^^;
あのビデオクリップを日本語訳してくださったようですよ。

そうそう。
mixiで リレーフォーライフ2008 の計画があがってました。
今は北海道と静岡が計画されているようです。
詳しくは「癌でもいいじゃん!」コミュニティーを見て下さいネ。

北海道か・・・
行けるかなぁ???
2007.10.21 Sun l はなまる. URL l 編集
「キュアサルコーマ」サイトさんは、標的遺伝子療法とはどんなものだろう?という興味から、いろいろ読ませていただいてたのもあって、ゆとりどりーむ本館からリンクもさせていただいていて、幅広くメディアでも取り上げられているというのも見て、いろいろな活動をされているんだなぁと思って見ていました。
「忘れられたガン」サイトは、HOMEをクリックしたら全部英語だったので、リンクすることなく、そのままにしていました。なんか違うところをクリックしちゃったのかなぁ???日本語表記があるのでしょうか?
はなまるさんと同じく、行けるとしたら、東京かなぁ。。。
2007.10.21 Sun l 音函. URL l 編集
リレーフォーライフとはまた別になってしまうのですが。
「チームサルコーマ」という活動があることを知ってますか?
詳しくは、肉腫の標的遺伝子療法を推進する会「キュアサルコーマ」サイトに記載されておりますが
http://www.curesarcoma.jp/event.html
癌に比べて認知度の少ない肉腫を知ってもらおうという活動です。
(このサイトで紹介されている「忘れられたガン」ビデオプログラムはリンクフリーなのでワタシもブログに貼ってます)
遠方の為、チームサルコーマにもリレーフォーライフにもなかなか参加出来ませんが、参加したいものですねぇ。
行けるとしたら、東京かなぁ。。。
2007.10.21 Sun l はなまる. URL l 編集
あら!まあ!テレビでやっていた場所だけではなくて、
あちらこちらでリレーフォーライフは行われていたのですね。
あらたな情報をありがとうございます。
そうでしたか、実施されたのは、関西だけではなかったのですね。

”肉腫”という大きなくくりなら、あってもよさそうですがねぇ。。。
子宮肉腫グループとして参加してみるのもいいかも?
2007.10.21 Sun l 音函. URL l 編集
実は私お台場の船の科学館で9月30日にあったリレーフォーライフ、末っ子と一緒に行ってきたんです。仲間も特に無くだからテントもなかったんですが、子どもと3周ほど歩いて。その合間にいくつかのブースをのぞいたり、髪のカットをしてもらったり。ルミナリエも参加して帰ってきました。
ほんの少し期待していた肉腫のブースがなかったのが残念でした。
来年も元気で、肉腫仲間で集いたいですね。
2007.10.20 Sat l うさえみ. URL l 編集
>Takeさん

Takeさん、はじめまして。ゆとりどりーむブログの音函です。
TBしていただきましてありがとうございます。
さっそくこちらからもTBさせていただきました。
参加組だったのですね。
番組冒頭だったのでしょうかねぇ?
手形のシーンは楽しそうだなぁと思いながら見ていたので、とても印象に残っているのですが、たくさんの方が映っていたので、Takeさんのシーンは残念ながら覚えていませんでした。
リレーフォーライフ、頭のすみに置いておき、来年になったら忘れないようにチェックしてみようと思います。


>はなまるさん

はなまるさんは、すでにmixiのほうで、
リレーフォーライフの存在をご存知だったのでございますね。
テレビは深夜時間帯になりますが、再放送が来週あるみたいです。
やはり、ワイワイしていると、意外と心のコリって、
ほぐされていくものなんですね~。
ワタシの場合、バタバタとしていて時間がなかったため、
肉腫のことを調べるので時間をとられるばかりで、
現在のようにブログやらメーリングリストなど、
子宮肉腫の患者さんが集うネット環境が少なかったこともあって、
ぜーんぶ終わったあとで、心のコリをほぐした状態だったのかなぁって思います。
リレーフォーライフ、参加しちゃいましょうか?(^^)
2007.10.20 Sat l 音函. URL l 編集
リレーフォーライフ
mixiの「癌でもいいじゃん♪」コミュニティでイベントがあることは読んでました。
テレビで放映されたんですね。
見たかったなぁ。
心のコリ
いい表現ですね^^
ワタシも がん友 とワイワイ騒いだり、こうやってネット上での情報のやりとりで結構心のコリがほぐされております。

リレーフォーライフ、近くだったら次回参加したいなぁ
2007.10.20 Sat l はなまる. URL l 編集
はじめまして。にっぽんの現場でヒットしてやって参りました。
療後7年、もう大丈夫な域に達したかと思います。それまでのお悩みなども今闘病中の後輩たちにお話しながら歩いてくれるとありがたいし、何よりすぐ「がん=死」と思う世にそうじゃないよ、と笑顔で言ってあげたいです。
TB貼らせてもらいました。来年はご一緒できればいいですね。
2007.10.20 Sat l Take. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yutoridream.blog117.fc2.com/tb.php/57-8538253e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)