子宮肉腫には、いくつかの種類があります。

  子宮平滑筋肉腫
  子宮内膜間質肉腫
  子宮癌肉腫
  ミュラー管混合肉腫

などです。

 ※ミュラー管については、ミュラー管とミューラー管という、
  ふたつの表記がありましたが、
  ゆとりどりーむブログでは、ミュラー管という表記で掲載しました。


子宮肉腫であるという診断であった場合は、担当の医師に、先ず、
自分がどの種類の子宮肉腫であるのか?を、
質問されることをおすすめします。

もしも、医師の答えが曖昧な場合は、経験の豊富な病院、がんセンターなどで、
病理のセカンドオピニオンを受けるなどした方が、
正確な診断を受けることができるのではないかなと思います。
 

音函は、子宮平滑筋肉腫でした。
医学にはド素人の音函なりに、おおまかにですが、あちらこちらで調べて、
まとめてみました。


子宮平滑筋肉腫

先ず、平滑筋について。
平滑筋というのは、辞書などを見て総合しますと、筋肉の組織のひとつで、
横紋(顕微鏡で見ると横縞のある筋肉)構造がみられず、
心臓を除く内臓や血管などの壁をなす筋肉のことをいうようです。
自分の意志によって動かすことができない筋肉で、
主に自律神経の支配を受ける不随意筋で、収縮の速度は遅い。

子宮そのものといった方がわかりやすいでしょうか、
子宮の壁を形成する筋層である平滑筋にできる肉腫なので、
子宮平滑筋肉腫というようです。



子宮内膜間質肉腫

子宮内膜とは、線毛上皮でおおわれ、多数の子宮腺をもつ粘膜のことです。
間質とは、辞書で見ますと、臓器で、実質以外の部分とあります。
わかりやすく言うと、子宮の中にある粘膜の上皮下にある、
間質細胞にできる肉腫ということのようです。
上の図の、オレンジ部分が子宮内膜にあたる部分となりますが、
そのオレンジの部分を、さらに細胞レベルで分けて入っていったところに、
間質細胞があるという感じなのではないでしょうか?



ミュラー管混合肉腫

ミュラー管という表記の所と、ミューラー管という表記の所がありました。

ミュラー管とは、子宮・卵管・膣となる個体の発生段階で、
その形態や機能が器官としてまだ分化していない状態の、細胞群のことをいうようです。
混合とは、上皮性・間葉性混合腫瘍のことをいうようです。

上皮性・間葉性混合腫瘍は同一腫瘍内に上皮性成分と間葉成分が同時に混在する腫瘍のことで、よって、子宮は、発生学的に、上皮と間葉系両方向への分化能をもつ中胚葉由来のミュラー管から形成されることより、子宮の上皮性間葉性混合腫瘍は、別名ミュラー管混合腫瘍と呼ばれているようです。



子宮体部癌肉腫癌と肉腫が混ざっているもので、癌に近い肉腫です。
子宮体部癌肉腫は、上皮性成分と間葉性成分がともに悪性であるものをいいます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ
     いつもポチッとありがとうございます ↑  
関連記事

2007.10.13 Sat l 子宮肉腫【がん】 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

はなまるさん、貴重なコメントありがとうございます。

最近このゆとりどりーむブログを始めてみて、
いろいろな方々のブログを目にするようになって、
自分なりにいろいろ子宮肉腫について調べてみたら、
過去に調べたときに比べたら、病院から発信されている、
子宮肉腫の症例PDF資料を多く目にできるようになって、
それらを読んでみると、病理診断するのにも、
筋腫と肉腫の違いを見極めるのも難しい場合もあるようで、
さらに、平滑筋肉腫と内膜間質肉腫を見極めるのも、
病理診断する方の経験と知識と目によって、
診断に差が出てしまうということもあるようなんですよね。

逆に、もしも、肉腫だという診断が出た時点で、その病院側から、「どうぞ標本を貸し出しますのでセカンドオピニオンを受けて、いろいろな意見を聞いてみてください」的になってくれたりしたら、患者側にとっては、気が楽になるんじゃないかなぁ・・・なんて、ふと思いました。
2007.10.14 Sun l 音函. URL l 編集
これは私もとても重要だと思います。

私自身、最初の病院では子宮平滑筋肉腫といわれ、再発・再々発を摘出してもらった病院では子宮内膜間質肉腫と言われました。
最初の肉腫は平滑筋と内膜間質の混合型ではなかったのか、とも言われましたが・・・

現在、結構セカンドオピニオンが浸透してきましたが、病理の方でもセカンドオピニオンが進むといいなぁと思っております。
2007.10.13 Sat l はなまる. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yutoridream.blog117.fc2.com/tb.php/50-34cf3645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)