お風呂に入ったとき(湯船につかったとき)の足のリンパマッサージは、
退院後からずーっと今でも続けています。
このリンパマッサージは、婦人科の壁にぶらさがっていた、
「広田内科クリニック」の院長先生でもある、
リンパ循環の専門医である廣田彰男先生が書いた小冊子を見て、
その方法に従って行っています。

足先から心臓に向かって、手のひらで、やわらかく、
ほとんどサワサワと触っているかなぁ~程度の力で行います。

足先からくるぶしまで、
くるぶしからふくらはぎまで、
ふくらはぎから膝まで、
膝から腿の付け根まで、
腿からおへそまで、
腿の裏側から臀部(お尻を上に向かって)、
臀部から腰、
みたいに、
下から上へ向かっていくのですが、
注意しなければいけないのは、
戻っちゃいけないんだそうなんです。

広田先生が作っているページ?病院が作っているページ?
どちらが運営しているのかはよく分かりませんが、
「むくみのページ~リンパ浮腫の治療~」というサイトがあります。
むくみのページ→リンパ浮腫の治療→3.マッサージ、
このようにクリックしていきますと、
自分の手で行うリンパマッサージの方法が掲載されています。
ほぼ、ここに書かれている内容が、
婦人科の壁にぶら下がっていた小冊子と同様の内容になっています。

あくまでも、リンパ浮腫予防のためには、
このページに掲載されている方法を見て、
音函のように日々やんわりと、リンパマッサージを、
お風呂で続けていくのは良い方法だとは思います。

ただし、くれぐれも、明らかに左右の足の太さが違い、
赤く腫れているとか熱を持っているとか、ピリピリ痛いとか、
異常がある場合には、医師の診断を受けていただくことをおすすめします。

音函も、入院中に体験していることですが、
リンパ浮腫がひどくなりかけているときに、
それとは知らずに、
自分で適当に人から言われたようにリンパマッサージを行ってしまうと、
さらに痛みが増したり赤みが増したり熱っぽくなったりと、
悪化気味になってしまうので、お気をつけください。

音函は、看護師さんや先生から、
リンパ浮腫にはリンパマッサージが良いというのを聞いて、
ちょうどリンパマッサージをやりだしたのと、
同時進行で、悪化方向に向かっていたようで、
偶然なのかもしれないけど、
一気に悪くなってしまったという印象があります。
なので、くれぐれも、症状を良く見ていただきまして、
何か変だと思ったら、すぐに病院へ行って相談された方がよろしいかと思います。
関連記事

2007.10.07 Sun l 術後のリンパ浮腫 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yutoridream.blog117.fc2.com/tb.php/46-81b56a8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)