2010.3.23?だったか?朝日の夕刊に載っていた記事。

乳がん患者 脱毛防ぐ機器

という題名の記事。

乳がん患者が抗がん剤の副作用で髪の毛が抜けるのを防ぐ
医療機器の開発が2010年6月にも国内で始まるというもの。

国内3病院の共同臨床試験(治験)で、帽子状の機器で頭皮を冷やし、
脱毛を防ぐというもの。

名前を、【ディグニキャップ】という。

抗がん剤の点滴中や、その前後にかぶって、
頭皮を冷やし、血管が収縮して血中の抗がん剤の循環量も減らす仕組み。

2011年の薬事法上の承認を目指している。

試験の代表者は、
国際医療福祉大三田病院の吉本賢隆乳腺センター長。

このディグニキャップは、欧州で2002年に認可され、
約一万人が使用。

国内の臨床研究では、WHOの評価尺度で、
「脱毛無し」が59%、
「わずかな脱毛」も26%、
という研究結果。

なぜ、乳がん患者についてだけなのかは、???です。
抗がん剤の種類によるものなのでしょうか?
そのあたりは、不明です。


     いつもポチッとありがとうございます  
人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ
関連記事
2010.03.23 Tue l 健康雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yutoridream.blog117.fc2.com/tb.php/421-0900866b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)