上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
手術後、数日が経過して、主治医からの話がありました。

 摘出した子宮を見たが、
 肉腫があった部分(肉腫がぶらさがっていた茎の根元)には、
 あやしそうな所も何もなかった。

 きっと総合病院の先生の的確な核出術によって、
 すべてきれいに摘出されていたんですね。

 リンパ、卵巣ともに、病巣は行っていません。

 よって、放射線、化学療法の必要はありません。

 完全手術でした。

 根治術です。
 
 いただいた肉腫標本の病理結果ですが、ステージは、?-B。
 子宮内膜にとどまった、これが、?-0(ゼロ)
 子宮内膜から少し行っている、これが、?-A
 そして音函さんのステージは、
 子宮内膜からもう少し行っている、進んでいるという、
 ?-Bという病期分類にあたります。

というお話で、音函の場合は、摘出手術のみで、
化学治療や放射線治療はせずに、終了となりました。


この病期(ステージ)に関しては、
国立がんセンターに記載されているニュアンスとは少し違っていました。

国立がんセンターの子宮肉腫のページにある病期(ステージ)は、
以下のようになっています。

I期
肉腫は子宮の中にあって、まだ子宮の頸部には出てきていない状態です。

II期
肉腫は子宮の頸部にまで拡がっている状態です。

III期
肉腫は子宮の外に拡がっていますが、まだ骨盤内にとどまっている状態です。

IV期
肉腫は膀胱(ぼうこう)、直腸に進展しているか、骨盤を越えて拡がり、身体の他の部分に転移している状態です。


各病院によっても、違うのかもしれません。


一般的に、I期では、単純子宮全摘術+両側付属器(卵巣、卵管)切除術を行う場合が多いそうです。これに加えてリンパ節の郭清(切除)術を行って転移の有無を調べることもあるそうです。

II期以上になると、単純子宮全摘術よりは広めに子宮周囲まで切除する、広汎子宮全摘術となることが多く、手術に伴って起こりうる合併症は、広汎子宮全摘術では排尿・排便障害が、リンパ節の郭清では下肢の浮腫(リンパ浮腫)が、卵巣切除では女性ホルモンの欠落症状(更年期障害など)があります。

人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ
     いつもポチッとありがとうございます ↑  
関連記事

2007.09.30 Sun l 子宮肉腫【がん】 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

>しーなさん

私も、しーなさんと同様に、筋腫を取り出して、何も考えずに結果を聞きに行ったら、突然告知されたので、「・・・・・」な状態に陥りました。
なので、たしかに、突然の告知以降の”自分”は、時間が無いせいもあったのかもしれませんが、超高速な展開で変化していき、自分が自分であって自分でないような、整理しきれない自分であったようにも思えます。

どこかが痛いといえば、転移?とかって、すぐに考えてしまいがちな音函ですが、そういうときには、ナチュラルキラー細胞を活発にして、”負”に引っ張られそうになっている弱い細胞を活性化するイメージトレーニングをしたりしています。

いつでも何でもカキコミしてくださいね。
ただし、月末30日には、親知らず抜歯のための手術があるため、1週間入院をしなければならないので、お返事できなくなりますが・・・。
2008.10.18 Sat l 音函. URL l 編集
音函さん。
早々のご返事、ありがとうございます。
告知を受けてから、生活の何もかもが変わってしまった気がしていつも病気のことが頭から離れません。痛くも痒くもないのに、どうなっちゃったんだ、私の体は・・・?みたいな。
私の場合、肉腫と診断されての手術ではなく筋腫の手術をした結果の診断でしたので、「えっ?なに?なに?」な状態で、私自身も怖いことは聞きたくない・・っていうか、その時はあれこれ聞く知識もなく、病院から帰ってネットで調べたら命にかかわる病気でしかも予後が良くないという情報ばかりで、もう調べるのはやめよう!と、しばらくは情報収集もネット検索もやめていました。
でも手術をして半年が経ち、少しだけ前向きに考えることができるようになったので、改めてネット検索をして音函さんに辿り着きました。同じ病気の人がいて、しかも元気に何年も生活してみえる・・!どれだけ救われたか、体験者でなければわからないと思います。
来週の受診時に、卵巣やリンパへの転移等のことを聞いてみようと思います。
また報告しますね。
音函さん、今後も色々相談させて下さいね。
2008.10.18 Sat l しーな. URL l 編集
>しーなさん

しーなさん、はじめまして。
音函です。
不安でいっぱいの中、ゆとりどりーむブログをご覧いただいたうえに、コメントまで書き込みいただきまして、ありがとうございました。

まず、数年前から筋腫があったということですが、昨年末あたりから生理が長くなり量も増えたということは、悪性の部分が出現し(良性の筋腫が変性して悪性の肉腫になるという意味でございます)、急に成長が速くなったのかも?しれませんね。

けど、逆に考えれば、昨年末から悪性の部分が現れて、数か月後の4月に子宮を摘出したわけですから、音函と同じタイミングでの手術といえば手術ですよね。
私も2度目にできた筋腫が、12月ぐらいから急成長して翌年5月に全部摘出していますからね。

悪いものが、キレイに摘出されて体内からなくなっちゃった・・・という、音函と同じ状態といえば状態かも?しれませんね。

ただ、気になるのは、筋腫は3つあり・・・ということですが、それぞれは、かなりの大きさだったのでしょうか?
それと、肉腫であると診断された筋腫は、全体的にだったのでしょうか?それとも、ある一部分の筋腫が肉腫だったのでしょうか?

もしも、例えばですが、それぞれがピンポン玉ぐらいで小さめのものがいくつかあって、しかも、そのうちのひとつから肉腫になっている部分が見つかったとか、リンパ節には転移していなかったことがわかっているとか、卵巣はキレイだったことがわかているとか、いろいろ状況によって話は変わってくるのではないかな?と、素人ながら思います。

他に、というか、子宮から卵巣やリンパ節に転移がないことがハッキリとわかっているのであれば、病期(ステージ)も1とか2になってくると思いますので、一度、担当の先生に、聞いてみてもいいかな?と、思います。
こればかりは、”イヤ”、”怖い”、という場合には、そのままにしておくのも手かもしれませんが。

ビクビクしていると、逆に、ナチュラルキラー細胞が弱くなってしまって、やっつけるべきものもやっつけられなくなってしまうので、全部しっかりと聞くことだけ聞いてしまって、すべてを受け入れた上で、ナチュラルキラー細胞を活性化させて、体内の悪いもの、もしくは、悪くなりそうなものを、イメージでやっつけてしまうという方法も、ありますしね。

ここで述べたものは、あくまでも医学にはド素人の肉腫体験者の考えですので、参考になるかは全くわかりませんが、”先生にコレ聞いてみようかなぁ”みたいなヒントが見つかったらいいなぁと思います。

また何か知りたい、聞きたいことがありましたら、いつでもどうぞ。
ブログではちょっと・・・という場合には、メールでもどうぞ。
otohako3@hotmail.co.jpまで。
2008.10.17 Fri l 音函. URL l 編集
初めまして。39歳、しーなと言います。
何度か拝見させて頂き、何度も何度も読ませて頂きました。
私は数年前から筋腫があり、経過観察で婦人科に通っていました。が、昨年末あたりから生理が長くなり量も増えたため手術を決意し、今年4月末に手術をしました。
筋腫は3つあり1つは液状化している状態でしたが、術前の検査では悪性との結果は出ず子宮のみを摘出する手術を受けました。
退院し、3回目の受診(手術から約1ヶ月半後)に「検査の結果、低悪性度内膜間質肉腫という診断となりました」と告知をうけました。リンパや卵巣は???と聞いてみたところ、リンパの郭清は予後に影響はない、卵巣については経過観察とのことでした。
抗がん剤治療もなく、術後3ヶ月目のCTでは異常なし、今後は3ヶ月ごとぐらいで様子をみていきましょうとのこと。
先月末に細胞を採って病理検査に出している結果を来週聞きに行きます。
正直、怖くて怖くて・・
ネットでも色々調べたけどいいことはあまり見つからなくて、唯一明るい希望が持てたのが音函さんのこのブログでしたので、すがる思いで書き込みました。
自分の病気のステージとか、もっと把握しなくちゃ・・・と思いながらも怖くて聞けなくて、主治医だけを信じて身を任せています。
肉腫は肉腫でも、音函さんとは種類は違うけどいろいろ教えていただけたら嬉しいです。
初めてなのに長々とすみません。
肉腫は予後が良くないとか生存率が悪いとの情報ばかりが目につく中、音函さんは神様!って思いましたよ(笑)
音函さんから見て、私は今どんな状況だと思われますか?
答えにくい質問ですよね。
音函さんなりのお考えでかまわないのでご意見を伺えたら幸いです。
2008.10.17 Fri l しーな. URL l 編集
あっ!!はなまるさんではありませんかっ!!
こんばんは~♪
早いっ!!
よくわかりましたねぇ、ここ。
もう少し出来上がったら、
本体からリンクしようかなぁ~と思っていたところです。

そうなんですよねぇ、病院によって、
治療をどういうふうにしていくかというのが、
まったく違うんですよねぇ。

念のために抗がん剤治療を実施するところもありますし、
ほんと、いろいろですよね。

抗がん剤治療の覚悟はしていたのですが、
逆に、やらないと言われた後、
やらないでいて大丈夫なの?と、
ちょっと心配になりましたけどね。

でも、やはり、やらずにすんで良かったです。
2007.09.30 Sun l 音函. URL l 編集
こんばんは~^^
音函さんのブログだぁ♪

早々にお邪魔します m( __ __ )m

音函さんは?-B期でリンパも郭清・・・
私は?-C期だったけどリンパ郭清なし・・・
うーん。
病院によって、こうも違うんですね。

でも抗がん剤治療が無くて良かった!
ウン。
本当に良かったですネ♪
2007.09.30 Sun l はなまる. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yutoridream.blog117.fc2.com/tb.php/34-3c3e6e3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。