昨夜のテレビの話題といえば、もうひとつ。

途中からだったけど、食い入るように見たのが、
NHKでやっていたプロフェッショナル。

昨夜の特集は、移植外科医。
加藤友朗医師。

途中からだったから、いきなりバックリと開腹された手術シーンが、
カラー映像で目の前に現れました!

そのまま、食い入るように最後まで見ちゃいました。

自身でも最長の移植手術時間ということで、
30何時間とかって言っていたのを聞いて、ビックリ!

まあ、普通の手術と違って、明らかに特殊だもんね。

血管を剥がすという作業をしている所から見たんだけど、
出血と止血を繰り返しながら、あきらめずに、
患者さんのQOLを最優先に考えて最善の道を選んで難しい手術をしていく、
加藤医師の姿を見ていて、感動しました!

デッカイクリップのようなもので、開腹された皮膚や筋肉を固定してあって、
縫合する前に、クリップのようなものを外そうとするところで映像は切り替わりましたけど、
人間の皮膚というか、体って、物凄いなって思いました。

友人夫妻が、生体肝移植を体験しているので、
他人事ではない感じもして、番組後半を見てました。

あっ、そうそう、それと、
自分のお腹も、手術の時にはこうやって開腹されていたのか?
と思いながら、見てました。

 

     いつもポチッとありがとうございます  
人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ
関連記事
2010.01.20 Wed l 健康雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yutoridream.blog117.fc2.com/tb.php/337-227e9cc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)