横浜は関内駅近くにあります「関内 梅林」で会食してきました。
本当は元町の梅林にするはずだったのに、
なんだか幹事の私が大きな勘違い検索をしてしまい(^^;、
関内の梅林での会食設定を7人の間で進めてしまい、
結果、関内の梅林となりました。

お昼の小懐石コースで値段は3150円(税込)。
この関内梅林は、ほとんどが個室となっていて、
本日は洋室のテーブル席を7名で利用しました。

先ずは、ビールで乾杯&先付。

先付は、ナスとウニの、なんとか・・・・(よく聞いてませんでした(^^;)。
冷たくて、味がしっかりとしていて、クリーミーなウニが美味しかったです。


次は、お造りと椀物。

お造りは、きびなご、ひらまさ、まぐろ。
椀物は、はも、じゅんさい。
はもが出てくるあたり、夏ですねぇ。



お造りに付いてくるワサビは、お店の方が大きな貝?みたいなもので、
本ワサビをすりおろしてくれました。

通常、私は、ワサビとか、カラシとか、辛いものは苦手なんですが、
このワサビは、少しずつお醤油に溶かしてお刺身につけてみたら、
全くツーンとこなくて、とても美味しくいただけました。


次は焼物。
ん?
写真が・・・無い(^^;
撮り忘れてました。
出てきた焼物は鮎の塩焼でした。


次は、飯物。

梅林名物の、うなぎの朴葉蒸し。



中に入っているのは、ごぼうとうなぎ。
ごぼう2本の間に、うなぎがサンドになっている状態。
この写真に写っているのは、ごぼうです。


メインは、ここで終了となり、次はデザートへと続きます。
日本料理店なので、デザートは和菓子系です。

先ずは、水菓子の登場。
今日はけっこう暑かったので、こういう水菓子は嬉しいです♪ 
水菓子

くだものの下には、あんこ玉と白玉と黒蜜と抹茶寒天ゼリー?みたいなのが入ってました。
夏には涼しげで嬉しい美味しいデザートです。


次は、和菓子とお抹茶。

黒いのが、おたふく豆の甘露煮みたいなもの。
手前の緑色が、抹茶きなこのらくがんみたいなもの。
やや右に、うっすらとピンクのものが写っているのですが、
これは砂糖菓子とでもいうのかな?かなり甘かったです。


以上が、お昼の小懐石コースです。


いつも、7人で1年に1回、6月に会食に行くのですが、
毎回同じお店というわけにもいきませんし、
かといって、3000円ぐらいで個室があるお店を探すので、
なかなかうまいこと見つけることができないんですよねぇ。。。

来年の日程は、6月6日。

なかなかお店を見つけるのも一苦労なので、
来年のお店は「天吉」にすることになりました。

これで来年は予約するだけだから、楽ちん♪


そして、リニューアルしたマリンタワーに行くか?
それとも、みなとみらいまで行って開国Y150界隈を無料で見るか(笑)悩んだ末、
みなとみらいまで歩いて行くことになりました。



ランドマークタワー(一番高いビル)のやや左下に、日本丸の白っぽい帆が見えます。
この写真は、萬国橋から14:30ぐらいに撮影してるのですが、
赤レンガ倉庫でお茶して外に出る頃には17:00過ぎていて、帆はたたまれてしまってました。
近くで撮るつもりでいたんだけど、計画は失敗に終わりました。。。



噂の、クモ。
今日は時間が悪くて、動く姿は見ることができませんでした。
動くのは、朝、昼、夜の3回みたいです。

ワールドポーターズの一番赤レンガ寄りのところにある、
横浜夜景案内所とかっていうとこの近くから撮影しました。

その近くに、赤レンガ倉庫方向にも行ける歩道橋があって、
その歩道橋からも、こんな感じで見ることができます。

あとは、赤レンガ倉庫2号館内3階にあるカフェ、
chano-ma(チャノマ)の、外の席からも座りながら見えます。



拡大したクモ。
拡大したら、なんだかよくわからなくなっちゃった(^^;


chano-maっていうカフェには、靴を脱いで上がれるスペースがあるんだけど、
そこに座っているというか、壁にもたれかかっている方々を横目で見ながら、
外にある席に歩いて行ったんだけど、
仲間全員が、同じことを感じていたのには笑えました。
それは、どんなことかといいますと、
「なんか、ヤバイものを盛られてグッタリしちゃってる感じで、
 ちょっと不気味な雰囲気だったね」
と。
多分、みんな歩き疲れて、グッタリマッタリしているんだろうけど、
ちょっと、暗がりっぽいところで靴を脱いで壁によりかかって半分寝ている状態で、
みんな動きも会話もほとんど無いから、
なんか不気味な雰囲気に感じちゃったのかもしれません。

関連記事

2009.06.07 Sun l お菓子デザートグルメ l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

>おーはさんへ

そうなんです♪
年に1度、全員元気に会えるというのは、嬉しいものです。
全身というわけではありませんが、私の場合顕著なのは、足の裏の乾燥ですかね。
このジメっとした季節になってくると、若干潤いが戻りますが、冬の間は、皮膚が靴下の繊維に引っかかって痛いです。
塩のマッサージだの、いろいろやってます。
2009.06.21 Sun l 音函. URL l 編集
美味しそう~!
年に1度、きちんと会食の計画を経てているのですね。
横浜は見物するのもが沢山あっていいな。
エストロゲン欠乏?!私もボディクリームが欠かせません。乾燥するのはそのせいだったんですね。
2009.06.20 Sat l おーは. URL l 編集
>みーこさんへ

私たち7人も、元々は8人だったのですが、もうかれこれ5年になるかなぁ、1人亡くなってます。逆に、1人亡くなってしまったことによって、残りのみんなで1年に1回必ず元気な顔を合わせようという意味も含めて、必ずその亡くなった友達の命日前後に会うことにしたのです。
皮膚の表面の乾燥は、ザーネクリームがけっこう潤い効果ありです。
エストロゲン欠乏は、ちょこちょこ、骨だの、ほてりだの、からだに負担が出ることがありますが、そんなにツライものではないので、ご安心を♪
2009.06.09 Tue l 音函. URL l 編集
楽しそうな会席だったんですね。年1回で集まるのっていいですね。私大学の時の友人2人も既に亡くなっててなんか寂しいです。高校の時の友人に会うくらいかも。Chano-maカフェのくつろいでる人達の記述には大笑い!!!癒されます。
音函さん、お気遣い有難うございます。
ピリピリ感はやはり乾燥からくるものでした。皮膚の表面はローション塗りたくって、少々ましになりました。中からのは、まだですが、頑張ります。エストロゲン欠乏って怖いですね。
2009.06.09 Tue l みーこ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yutoridream.blog117.fc2.com/tb.php/217-831401b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)