上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
婦人科外来の中の、成人病外来に行ってきました。

私は、卵巣欠損のために起きているエストロゲン低下により、
骨代謝異常が起きているため、骨粗鬆症一歩手前の状態です。

骨を強くする薬であるダイドロネルを去年の11月と今年の2月、
飲むことができませんでした。

なぜなら、複雑な生え方をしている下左右の親知らずを抜き終わるまで、
アゴの骨を強くしてはいけないということで、ダイドロネルを飲むことができなかったのです。

2月に撮影した骨密度の結果は、予想を上回る勢いで低下しており、
早期にダイドロネルを飲む必要がありました。

やっと親知らずも無事に4本全て抜歯できて、異常も見られないので、
ダイドロネルを飲むことができるようになったというわけです。

今日から2週間、食後2時間何も飲んだり食べたりしていない状態で、
ダイドロネルを飲む。
飲み忘れないようにしなくては!


それにしても、今日の病院、ちょっと異様な感じでした。
病院スタッフの方々、すれ違う看護師さん、そして、先生の、
ほぼ9割がマスクをしてました。

逆に、患者さん側は、マスクしている人が2割ぐらいと、
少なめだったのが意外でした。

ちなみに私はというと、


 更年期の症状でほてりやのぼせがあって暑いし、まだ大丈夫だろうと思って(^^;、
マスクを持ってはいましたが、しませんでした。

関東でも感染者が出たという報道があったので、どうしようかと迷いましたが、
口元が涼しい方を選びました。
関連記事

2009.05.21 Thu l 卵巣摘出後更年期障害 l コメント (12) トラックバック (0) l top

コメント

>みーこさんへ

ホットフラッシュも、だんだんと身体が慣れてきたり、何か趣味などで集中できるものがあると、気づかないうちに暑くなっていたかも?みたいな時も出てきたりして、なんか間隔が開いたかな?とか、暑くなるのは3分だなとか、人間の身体ってよく出来てるもので、知らないうちに対処するようになってくるので、様子をみながら、いろいろ試してみるといいかなと思います。
2009.05.28 Thu l 音函. URL l 編集
音函さんへ

有難うございます。いろいろ取り入れてみようと思います。27歳のときに、子宮筋腫核摘出手術をしたとき、同室の方々が卵巣癌でなくなったので(当時の医療では、生存率は今の4分の1でした)卵巣だけ残すと弊害があるように考えて卵巣摘出に同意しました。
前向きに対策を練ってみます。豆乳を飲み始めましたが、お茶にかえてみます。
ホットフラッシュと、ぴりぴり感がこんなに不快なものとは知りませんでした。
未婚で転職して4年目。転属して今までした事のない仕事を与えられて弱気になっていました。このブログで元気づけられました。
また、今まで、化粧水だけで化粧しているようにみられていました為いい気になっていたのですが、しわとしみがいっぺんにやってきたのがショックだったのかもしれません。化粧水パックして、化粧もして、現実を受け入れていきます。
2009.05.28 Thu l みーこ. URL l 編集
>みーこさんへ

はじめまして。
やはり、徐々に自然にエストロゲンが減っていくのと、手術によって人工的にエストロゲンが減るのとでは、減る速度に対して自分の体の変化がついていけないのかもしれませんね。
何か自分に合った更年期障害の諸症状の緩和対策が見つかるはずです。
私の体験からすると、ホットフラッシュに対しては、大豆関連がいいなと感じています。
私の場合は、大豆からできてるお茶を飲み始めてから、ホットフラッシュが楽になりました。
まあ、身体がホットフラッシュに慣れたということもあるのではないかな?とも思います。
漢方を飲んだことがありますが、なかなか効果があがらずにホットフラッシュが軽減されなかったので、途中であきらめてしまいました。
肌は、表情筋を鍛えたり、首周囲のリンパマッサージをしてみたり、化粧品をいろいろ試してみたり、まあ、ありとあらゆるものをやっているうちに、これもまた自分に合ったものが見つかるものでして、自分に合っていて、しかも、安上がりで(ほぼ無料に近いもの)やりやすくて毎日適当に出来るものを取り入れてやっています。
ゆとりどりーむ本館に書いてありますが、佐伯さんの化粧水パックは、かなりおすすめです。
http://homepage2.nifty.com/yutori-dream/anti_aging_doro.html#化粧水パック
肌でも更年期障害の症状でも、何かひとつでも改善がみられると、フッと気持が楽になれますしね。
いろいろ取り入れてみるのはとてもいいと思います(^^)
2009.05.27 Wed l 音函. URL l 編集
はじめまして。更年期のホットフラッシュと
ピリピリ感に悩んでいます。
昨年末、子宮摘出と卵巣全摘出をしました。私は50前半だったので、卵巣摘出は当たり前・・の医師の意見を取り入れました。医学書には月並みな説明しかなく更年期症状のひどさの情報があまりないこと、個人差あるためか意外とエストロゲン減少の怖さをうたっていない為、全摘には何の躊躇はなかったのです。手術前に音函さんのサイトにめぐり合えればよかったのに、なんて後ろ向きですが思っちゃいます。人より10年若く肌の針が合ったのに2ヶ月を経過すると肌細胞のかさかさ感ががあったのですが、仕事におわれてやっと通院。エスとラーナを処方されていますが、1週間ですが、効き目ないみたいですね。ピリピリ感とホットフラッシュで地獄の苦しみです。しかし、現実は現実、前向きにいいものはどんどん取り入れたいと思っています。骨粗しょう症予防の為、豆乳をこれから飲もうと思っています。
2009.05.27 Wed l みーこ. URL l 編集
>うさえみさんへ

たしか、プレマリンを飲んでいるときに、再発リスクが高くなるから、
このへんでやめておきましょう・・・
みたいに言われたので、たぶん、エストロゲンが再発のリスクを高めるということにつながるんだったと記憶しています。
プレマリンは卵胞ホルモン側に属するようで、ヒスロンHは黄体ホルモンだから、働きも違うし、肉腫形成のリスクも低いのかもしれませんね。
私もホルモンについては知識ゼロに近いでんです(^^;
ただ、肥満になると、エストロゲンが出るというのは知っています。
なので、一定体重をできる限り保つように必死です(大汗!滝汗!)
日に当たって動いているうさえみさんは、骨粗鬆症にはなりにくいかもしれませんね。
2009.05.24 Sun l 音函. URL l 編集
よくわからないのですが、エストロゲンが再発につながるのでしたっけ?
それでヒスロンH(黄体ホルモン)の処方なんですよね。
でも卵巣だけでなく肥満細胞でもエストロゲンが出るとか…。
まずいです、病気以前より12キロも増えちゃってますから。
仕事で毎日外で動いているし、嫌というほど日に当たってますから、プラスマイナスでどっちかな?
2009.05.24 Sun l うさえみ. URL l 編集
>ミユタンさんへ

そうなんです、ダイドロネルもビスフォスネート系の薬で、
骨粗鬆症治療薬としてはポピュラーな薬なんだそうです。
毎日とか1週間に1度飲むビスフォスネート系の薬があるとすすめられましたが、
私の場合、甲状腺が無い為、甲状腺ホルモン自体(チラーヂン)を毎日飲んでいるので、
できれば毎日飲む薬を避けたいと相談したら、ダイドロネルになりました。
飲み薬だと、どうしても胃にきますよねぇ。。。
卵巣摘出手術後に、私が数週間飲んでいた更年期障害治療薬であるホルモン剤はプレマリン錠でした。
だけど、肉腫形成の可能性がゼロではないということで、
卵巣摘出直後の急激なエストロゲン減少によるホットフラッシュが少し落ち着いたところで、
やめましょうということになりました。
ホルモン剤も種類が結構たくさんありますし、リスクはゼロではないでしょうけれど、
長く使ってらっしゃる方もいらっしゃいますし、
きっと、一概に再発のリスクが高いとは言い切れないのでしょうね。
2009.05.24 Sun l 音函. URL l 編集
ダイドロネルもビスフォスネート系のお薬だったのですね。 このお薬も胃痛や関節痛などもおきるのですね。 私の場合、ホルモン剤は6年間使用し、そのうちの1年半程はベネットを併用していましたが、婦人科の主治医も整形外科の医師も全くなにも言っていませんでした!整形の医師はずっと飲まないと大変な事になりますよ!と、いつも言ってました。ベネットは胃が悪くなるので注射に変えて下さいと言ったら、ベネットが一番いいんだ!と、キツく言われました!でも結局、飲むのをやめましたケレド… ホルモン剤はやはり再発のリスクが高いのでしょうか!?… (・_・ )
2009.05.24 Sun l ミユタン. URL l 編集
>うさえみさんへ

こちらこそすっかりご無沙汰しています。
卵巣を摘出しても、エストロゲンの減少の仕方や、
破骨細胞のバランスや、運動量、栄養摂取量によって、
骨粗鬆症になりにくい人もいるみたいです。
用心するに越したことはないかもですね。
2009.05.24 Sun l 音函. URL l 編集
ご無沙汰しています。いつも読み逃げで失礼しています。

>卵巣欠損のために起きているエストロゲン低下により、骨代謝異常が起きているため、骨粗鬆症一歩手前の状態です。

ということは、私もそういう可能性があると言うことでしょうね。
用心しなくちゃですね。


2009.05.23 Sat l うさえみ. URL l 編集
>ミユタンさんへ

成人病外来の先生は、婦人科の中でも更年期(特に骨粗鬆症)について詳しそうな数名の先生が、交代で行っています。
まあ、婦人科外来とは別枠で、どんどん名前が呼ばれていくのは有難いことです。
ホルモン補充療法をしていると、やっぱり骨の量の減り方は、少なくて済むんですねぇ。
できることなら、ビスフォスネート系の薬は、私も飲みたくないんですけどねぇ。。。
ダイドロネルも、飲み始めると、必ずといっていいほど、胃痛やら、むかつき、関節痛、骨の痛みなど、いろいろ変な症状が出てきます。
もしかすると、http://www.watarase.ne.jp/aponet/topics/0801topics/080106.htmlここに書いてある、痛みの症状なのかもしれません。
とはいえ、ホルモン補充療法とビスフォスネート系の治療のどちらを選んで骨破壊をカバーするかと言われれば、当然、肉腫再発リスクの少ないビスフォスネート系を選ぶしかないのかなぁ・・・とも思いますし。。。
私も、できるだけ食事からカルシウム摂取しようと心がけていますが、最近は、カルシウム&ビタミンDのサプリも試しに飲んでみてます。
まあ、いろいろ試してみて、どれかがイイ結果に結びついてくれれば、ラッキーかなぁ・・・って思ってます。
兵庫だと、今のところ、まだマスクは必要ですね。
首都圏はギリギリしなくても大丈夫?かも?みたいな感じなので、ウガイと手洗いをこまめにしています。
2009.05.22 Fri l 音函. URL l 編集
婦人科に成人病外来というのがちゃんとあるのですね!私は昨年7月から市立の病院から大学病院に変わったのですが今の病院も産婦人科しかないような? ちゃんとわかれている方がいいですね!… 私は6年前の手術後 直後の入院中からホルモン剤を、今現在も使用しています![以前は、エストラダームで最近廃盤?になったとかでエストラーナに変更!金額も同じです]が、この薬は普通の成人女性のホルモン量の三分の一程度ですと最初の主治医から聞きました!そして放射線治療、済んで少ししてから私も骨密度低下で薬が出て、ベネットという薬を毎朝、飲んでいましたが飲むと胃の調子が悪く、薬代も高いので、一年半位で 飲むのをやめました!術後から、背が1?以上、縮みました!首が痛くてレントゲン撮ると首の骨と骨の隙間がほぼない位になっていた為、首の牽引にもだいぶ通いました!… 薬やめてから、ベネットの薬の成分の、ビスフォスネートになにか問題が出たと知り、飲むのやめて良かったと思いました!今はカルシウムを沢山とるようにしています!しばらくして、別の病院で骨密度みてもらったら、薬を飲むほどではない!と言われ、不思議です?!? … 私もホルモン剤使ってても異常に熱くなり、ほてりもヒドいです!! 私は術後、ほてりが出るようになってから血圧もドーンと上がりましたよ!!…
うちは兵庫県なのでマスクは絶対ですね!! (´∀`;)
2009.05.22 Fri l ミユタン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yutoridream.blog117.fc2.com/tb.php/212-d9d65186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。