以前から生理痛はあったものの、お腹の重たい痛みは、
2日目と3日目あたりに市販の痛み止め、バファリンA錠を飲めば、
まあ、そこそこ痛みも軽減されて仕事にも支障なく過ごせていました。

出血量が多い時は痛みが弱いとか、
出血量が少ないときは痛みが強いとかはありましたが、
生理の周期は普通でした。

ところが、1998年7月あたりになると、
薬の注意書きにある”1回2錠、1日2回を限度”というのでは、
痛みが軽減しきれなくなってきていたのです。

と同時に、出血量も増えて、鮮血と一緒に、
赤黒いドロドロしたものが多くなりだしたのです。

そこで、1998年8月に、友達にすすめられて、
ナロンエースを買って飲んでみました。
しかし、これもまた注意書きにある、
”1回2錠、1日3回まで”というのでは、痛みが軽減しきれなかったのです。

友達から、
「これって、市販の痛み止めの中では強い方だし、
これ飲んで効かなかったら病院行った方がいいかもよ」と、
言われていたのも気になっていたし、
とにかく、あまりの生理痛に異常を察知したのもあって、
病院に行く決心をしたのでした。

=====ここまでになる前に、病院に行かれることをおすすめします。

ちなみに、この頃の出血量は、 
     

かなり分厚い夜用ナプキンを日中に使用していても、
2時間ほどで満遍なく赤く埋め尽くされるほどの量でした。

2度目の子宮筋腫が出来て、それが悪性の子宮肉腫であったわけですが、
その、悪性の肉腫を体内に持っていたときは、
妊婦さんが産後に使う「産褥(さんじょく)パッド」とかっていう、
夜用ナプキンよりも、はるかに吸収力というか吸収量が多い、
大きなナプキンみたいなものがあるのですが、
それを買って使ってました。

=====ここまでになる前に、病院に行かれることをおすすめします。
とにかく、あまりにもおびただしい量の出血がある場合は、
何かしらの婦人病を患っている場合が多いようです。

人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ
     いつもポチッとありがとうございます ↑  
関連記事

2007.09.17 Mon l 子宮筋腫 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yutoridream.blog117.fc2.com/tb.php/2-96002901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)