上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2008年11月15日(土)

朝から、ものすごく痛みと臭みがありました。
夜に痛みどめの頓服を飲まなかったせいなのか、
ロキソニンがすっかり切れているせいなのか、痛みが増していました。

朝、病院に向かう前に、
「なんでこんなことになっちゃったんだろう?
 ちゃんと歯も磨いていたし、ウガイもしていたのに、
 なんでまた痛みに耐えなきゃならないんだろう?
 これからどうなっちゃうの?」
と思ったら、思わず涙がボロボロボローーーっとこぼれて止まらなくなりました。
ひとしきり泣いて、不安というストレスを発散し、病院に向かいました。

さあ、診察の順番がやってきました。
昨日は女医さんで、今日は手術の説明をしてくれた男性の若先生。
この若先生が「右上は穴が開いて鼻から食べたものがピッピッと出ちゃう」と、
脅しの説明をしてくれた先生で、この先生のおかげで、
4本一括抜歯を、1本に踏みとどまったわけで、
もう今となっては感謝感謝の気持ちでいっぱいだったので、
お礼を言わなくちゃと思いながら病院に向かいました。

先ずは、診察です。
昨日のカルテを見ながら状況を確認して、口の中を見て、
「今日は、まだ、このままガーゼを入れておきましょう」
と言われたので、
「K先生は、明日は痛いかもしれないけどガーゼを抜きます、
 と、おっしゃってましたが」
と言ったらば、
「カルテには書いてないなぁ・・・」
と言いながらも、
「じゃあ、ちょっと抜いて見てみましょうか」
と。

やばい、言わない方がよかったのかな?
と思ったのも束の間、口を開けた次の瞬間、
涙が出るほどの激痛が走りました!!!
目からはジンワリと涙が・・・
そして、洗浄。
あ”ーーーーーと、声にならない唸り声をあげていました。
さらに目から涙が。
そして、
「じゃあ、また、ガーゼを詰めておきましょう
 まだ、中に膿がものすごく溜まっていますから、
 ちょっと小さめのマメガーゼにしておきましょう」
と言った次の瞬間、さらに激痛が走りました。
もぉ、声になりませんでした。
出るのは目からの涙だけ!!!

ウガイをしてくださいと言われても、
ウガイができないぐらい痛いのです。
1回ブクブクとやったら、
真っ赤っかなものがドバーっと出ました。
2回目も、3回目も。。。
あまりやると刺激になってどんどん出るということで、
3回でやめておきました。

そして、昨日に引き続き抗生物質の点滴。
横になって点滴の針を入れてもらったあとで、
先生に聞きたいことがあったので質問をしました。

と、その前に、お礼を。。。
「先生のおかげで、1本に踏みとどまれたおかげで、
 こんなことになっちゃいましたけど、
 1本で済んだので、先生にはとても感謝しています」
と言っている途中で、号泣してしまいました。

そして、今後どうなっていくのかなどを聞いてみました。

Q:一度化膿してしまった部分は、完治せずに化膿を繰り返すのでしょうか?
A:1か月ぐらいで治る人もいれば、治らずに繰り返す場合もあります。

Q:化膿したら、また麻酔をして切開をして洗浄してガーゼを詰めるという、
  この処置と痛みを繰り返していくことになるのでしょうか?

A:そうです

Q:今後は、どのような周期で化膿していくのでしょうか?

A:周期はありません。
  一度膿んでしまったら、膿みっぱなしで、周期はありません。
  傷が治まるまで、ガーゼ交換と洗浄を行っていきます。

Q:最悪、治らない場合もありますか?

A:あります

Q:その、最悪の場合になってしまったら、どうするのでしょうか?

A:最悪の場合は、顎ごと除去する大手術をすることになります。
  そして、顎を取り除いたところに、人口の顎を入れる手術をします。

Q:残りの3本の抜歯がありますが、残りの3本についても、
  同じように化膿してしまうのでしょうか?

A:下の方が化膿しやすいです。
  ただ、上が化膿しないかといったら、それはわかりません。
  あとは、運です。
  10人に1人ぐらいが、このように化膿しています。
  けっして珍しいことではありません。

Q:右上は、若干痛みがあるので、抜くつもりですが、
  左の上下については痛みがないので、
  全く痛みのない部分が、歯を抜いたことによって、
  このような痛い思いをするのかと思うと、抜くのが怖いのですが・・・

A:親知らずが膿むのを待つか、先に抜くか、
  そのあたりを考えないとねぇ・・・
  

これらの会話をしている最中、私はずっと泣きながらしゃべっていました。
超超超大不安が襲ってきているわけで、
多大なストレスが体にかかったんでしょうね。
結局、点滴をしている30分間、ずっと涙をぬぐっていました。

このまま化膿した状態が数か月続いたら、
いずれは顎骨骨髄炎とか、顎骨壊死とかになっていって、
全体が歯周病になっていったりして、
結局は顎全部を除去することになるんだろうなぁ・・・
なんて思ったら、泣けて泣けて仕方がありませんでした。

受け入れるまでには、30分では足りませんでした。

帰宅して、先生との会話を反復しているうちに、
最後の最悪な大手術について、受け入れることができました。
残りの人生、ひどいことになっちゃいそうだけど、
まあ、ここまでなんとか普通に生かしていただいたので、
ひどいことになったらなったで、もう、しょうがない!とね。

一応、最悪な状況になることを考えて、受け入れることができたので、
やっと少し落ち着くことができました。

そして、こうして書いて、ストレスを発散している音函なのでした。


なんとなく、右側の、耳下腺、顎下腺が、腫れて痛いような・・・
顎全体が痛いような・・・
顎骨骨髄炎にでもなっているのかしらねぇ・・・
ダメになった骨を削る手術でもするのかしらねぇ・・・
関連記事

2008.11.15 Sat l 親知らず抜歯手術 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yutoridream.blog117.fc2.com/tb.php/151-260180e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。