2008年11月1日(土)
親知らず抜歯手術の翌日です。
朝と夜に、セファメジンαという抗生物質の点滴がありました。

9:00の体温36.6
11:00の体温35.9 血圧68/125
19:30の体温36.8

朝食:5分粥 おかゆ一口、おかず完食
昼食:5分粥 おかゆ一口、おかず完食
夕食:5分粥 おかゆ食べれず、おかず完食

5分刻みのおかずを噛んでいると、時間もかかり、お腹がいっぱいになってしまうし、
病院だとゆっくりと食べていられないので、
おかゆまで辿りつけないまま食事時間が終わってしまう。
そして、5分刻みのおかずを噛んでいると、右側が痛くなってきて食べれなくなる。

ドライマウス、ドライノーズ、鼻づまりの繰り返しで苦しい。
鼻から戻るタンみたいなものは、黄色の濃いめのもので、赤いものがたまに混じっている。

口の下に青いアザみたいなものがある。
開口器などによる圧迫痕の内出血らしい。

かなりの腫れ。
唇の真横から下にかけて、顔が四角いような感じに腫れている。

あまりにも痛かったので、5:30にロキソニンを飲んだ。

女医さんから・・・熱がなければシャワーを浴びてもいい。
          マウスピースは、抜糸した後に、相談しましょう。
          抜糸は11月6日(木)予定しています。


関連記事
2008.11.01 Sat l 親知らず抜歯手術 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yutoridream.blog117.fc2.com/tb.php/143-38a75f34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)