2008年8月16日(土)

電話したら総合病院が診察OKだったので、病院に向かいました。
ただ、「扁平苔癬(へんぺいたいせん)」でお世話になっていた先生はお休みで、
ちょっと若い男性医師でした。

さあ、診察の順番です。
先ずは、痛くなった経緯と、痛みの経過を話しました。
それと、ダイドロネルを服用しているので、副作用かもしれないことも話しました。

それから、今朝から麻酔をかけたような唇のしびれも、
右半分にあることを話しました。

そして、口を開けての診察です。

「あぁ、膿んでますねぇ。
 膿も出てますねぇ。 
 腫れも凄いですねぇ。
 これは、親知らずが炎症をおこしていますね。
 親知らずは、痛くなったからといって、すぐには抜けません。
 とにかく、今日は、薬をお出ししますので、
 薬を飲んでいただきまして、
 散らして散らして散らしていきましょう。
 ダイドロネルによる骨髄炎が、ないとは言い切れないので、
 休薬した方がいいかもしれませんね。
 親知らずを抜いても、ダイドロネルの蓄積により、
 骨髄炎になりやすいリスクがありますが、
 抜かずにおくと、さらに、慢性的に膿んで痛いです。
 抗生剤で消炎して、落ち着いたところで抜歯をするといったところでしょうかね。
 とにかく、炎症を薬で散らして散らして、様子を見ましょう。」

ということで、
フロモックス錠100mg(抗生剤)
ロキソニン錠(痛み止め)
ノイチーム顆粒10%(歯槽膿漏症(炎症型)の腫脹の緩解)
S・M散(胃薬)
以上の薬を飲むこととなりました。

9月11日(木)に、
「扁平苔癬(へんぺいたいせん)」でお世話になっていた先生が来るので、
その日の診察を予約して帰宅しました。


2008年8月22日(金)

徐々に腫れと痛みは緩和されてはいましたが、まだ痛み止めの薬が必要なぐらいの痛みだったので、一応口腔外科に行きました。

ロキソニン錠60mg(痛み止め)
S・M散(胃薬)

それと、ネオステリングリーンという
口腔内を消毒するためのうがい薬を処方してもらいました。
関連記事
2008.08.16 Sat l 親知らず抜歯手術 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yutoridream.blog117.fc2.com/tb.php/120-7011c6ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)