日帰り手術日当日

日帰り手術が終わり、手術日当日帰宅し、帰宅後すぐに床に横になる。

麻酔を体外に放出させる目的での深呼吸を行っているうちに、ちょっとウトウト。

排尿痛、下腹部痛があり、薄い赤い出血が少量あり、
軽い尿失禁でもしているのかな?という感じで、
なんとなく体から尿のニオイがするのが、気になりました。


  こういう風に、日帰り手術後には、
  やはり、いろいろ体の変化が起きるわけで、
  生理用品をあてておいて、よかったにはよかったのですが、
  軽い尿失禁のようなものが起こりうるかも?
  ということを教えてもらっていれば、
  ネピア インナーシートなどのような、
  軽失禁用のシートを買っておけたのになぁ...
 
  まあ、人によって、術後に現れる症状はいろいろだから、
  病院側としては、一般的に起こりうる術後の症状しか教えてくれないしね。
 
  骨盤内の大きな手術後に膀胱の容量をこえた尿があふれ出すとかっていう、
  「溢流性尿失禁」だったのかなぁ...?
  次の診察日までには、おさまっちゃったから、
  結局、先生にも相談しないままにしちゃいましたけどね(^^;



術後2日目

日帰り手術センターの看護師さんから電話をいただけることになっていて、
午後になって電話がきて、現在の症状を聞かれました。
多少の下腹部痛があることと、少量のピンクの出血が続いていること、
軽い排尿痛があることを、伝えました。


術後3日目

夕方になって、術後初めての便。
下腹部痛は続いている。
今日から消毒を開始する。
洗面器でマスキン液(消毒液)をお湯で薄めて、その上に座るだけで消毒完了。


術後4日目

消毒を続ける。
相変わらず、出血とまではいかないものの、ピンクのものが出ていて、
下腹部痛は続いている。


術後5日目

やはり少なくなったとはいえ、出血とまではいかないけれど、
なにかピンクのものが出ているのと、下腹部痛が続く。


結局、日帰り手術で当日に帰宅はできたものの、
8日間は本調子という感じではなかったです。
10日後に術後初めての診察があり、
その頃には下腹部痛もおさまり、出血等もなにもなくなっていました。

術後2ヶ月ちょっと過ぎた頃に、生理が始まり、
次月も周期通りにやってきました。

術後、6月に一度診察した後は、
3ヶ月後の9月に診察をし、経過良好だったので、
次回は6ヵ月後の2000年3月の予約となった。


その後、二つ目の筋腫(二つ目は肉腫だった)が出来、
二度目の子宮筋腫核出術を行うこととなる。
そして、そのとき、がんの告知を受けることになる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ
     いつもポチッとありがとうございます ↑  
関連記事

2007.09.18 Tue l 子宮筋腫 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yutoridream.blog117.fc2.com/tb.php/10-8a6a7f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)