先月末から持病の腰痛がじわりじわりと痛みを増していました。

今月に入ってさらに痛みが増し、ついに12/12に立てない座れないの状況に。

いつもなら、低気圧のせいだったり、寒さのせいだったりで、

数日するとよくなっていたのですが、ちょっと今回は痛みが続くので病院へ。

骨は弱っているものの特に異常はみられず、ギックリ腰になりそうでならない状態に近い、

ということで、とりあえずは痛みをとる神経伝達ブロック注射をしてもらい、

痛みどめと筋肉のこわばりをとる飲み薬を飲んで、

やっとPCの前に痛みなくすわることができるようになりました。

で、病院に行ったついでに、1年ぐらい放置してあった、

左手薬指第二関節のふくらみと痛みについても調べてもらったところ、

もともと第一関節はヘバーデン結節というものになっていて、

軟骨が潰れて、X線画像を見ると横一直線の白い線が写しだされています。

で、この、痛みのある、左手薬指第二関節も横一直線の白い線となって写しだされており、

明らかに軟骨が潰れて変形関節となっているのは一目瞭然でした。

しかし、名前が、『ブシャール』という結節だそうで、このブシャールというのは人名だそうです。

第一関節の結節はヘバーデンで、第二関節の結節はブシャールなんだそうです。

で、中指側に、ガングリオンらしきものがプニャっと痛みを伴ってあるわけですが、

これについても聞いてみたところ、予想どおり、ガングリオンだったようです。

針刺しますか?って聞かれたけど、友達がめちゃくちゃ痛かったって言ってたから、

この年末に来て指が使えないというのは厳しいので、また今度ってことにしました。

おそらく、もう少しこのガングリオンは大きくなるだろうし、邪魔になったら針させばいいよ、

ってことになりましたので、まあ、来年になってからかな。

手指の結節は老化現象のひとつだというのはわかってはいますが、

それにしても、どんどん指関節が潰れていくというのは、困ったものでございます。











人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ MIXキジ白猫へ
頂いた応援クリックが

  日々の更新の励みになっています♪

  ありがとうございます^^

関連記事
2013.12.21 Sat l ヘバーデン結節 l コメント (6) トラックバック (0) l top