子宮肉腫の告知から10年が過ぎました。

子宮肉腫(がん)の告知を受けたのが2000.4.20、
卵巣子宮リンパ節摘出手術をしたのが2000.5.17、
そして、退院したのが10年前の今日、6/30。

子宮肉腫という「がん」であるという告知を受けて以来、
1日、1週間、1ヶ月、1年、10年と、
それぞれの通過点を通りすぎる時の気持ちは、いつも同じで、
「安心を得られる日」ではありませんでした。

退院した当時、5年、10年と時が経ったら、
「あ~よかった」って思えるようになるのかな?って、
思っていたのですが、違っていました。

まあ、バセドウ病とか、シェーグレン症候群とか、ヘバーデン結節とか、
聞いたことがない病気に、次から次へとなっていなければ、不安要素がなく、
もしかすると、「あ~よかった」って思えていたのかも?しれません。

この10年で、極端にプラスでもなく、マイナスでもなく、
少しずつ少しずつ真ん中へ真ん中へ、
気持ちを持っていけるようにしている?
なんかよくわからないけど、そんな感じです。

これから先も、ニュートラルな気持ちで過ごせていけたらいいなと思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ
     いつもポチッとありがとうございます  
関連記事
2010.06.30 Wed l 子宮肉腫【がん】 l コメント (6) トラックバック (0) l top