「がんになったら手にとるガイド」という冊子についての特集を、
今、NHKで見ました。

国立がんセンターのグループが作った冊子で、
全国のがん患者60数名の体験などもベースにしたものだそうです。

患者の体験から見えてきたものを、取り入れて記載しているのだそうです。

たとえば・・・

「残された時間」
という、この言葉で、人生の終わりを意識してしまう人がいることを知った、
という、がん体験者の方の話を聞いて検討した結果、
「がんになったら手にとるガイド」の中では、
『限られた時間』 という言葉で書くことにしたそうです。

それから、抗がん剤治療をしてみて感じたことは、
同じ部屋の患者さんが、香りのある乳液をつけると、
吐き気をもよおしてしまうことに気づいたという患者さんの意見を取り入れて、
入院に必要な持ち物欄などに、
「乳液(無香料)」というふうに、無香料という文字を追加することにしたなど、
体験者の方々の情報が、あちらこちらに取り入れられている冊子なんだそうです。


このガイド冊子を作っているグループの代表である渡邊医師は、
患者側は、治療についての情報だけでなく、
自分がどういう生活をしていくのか?ということも知りたいようで、
医師側と患者側のギャップがあることに気づいた、
というような話をしていました。

今後、まだこの冊子については、内容が修正されていくのだそうです。
近いうちに、国立がんセンターのHPで公開されて、
さらに意見を聞いてから内容を検討し直すところがあれば修正していくのだそうです。

関連記事
2009.06.24 Wed l 健康雑記 l コメント (6) トラックバック (0) l top
 5月中旬の新聞記事に、「がん患者心もケア」というものがありました。

病気と向き合うためグループ療法という副題で、
グループ療法(集団心理療法)による、
患者の心のケアに取り組んでいる病院についてが、
記事の主な内容。

同時期に手術をした患者5~7名でひとつのグループとなって、
決まった曜日に1時間のミーティングを行うというのを、
入院中に1回、退院してから4回行うプログラム。

手術が同時期だから、その後の治療も同じような時期に進むので、
同じような脱毛・ウィッグ・頭皮などの悩み、その他の不安な心も同時期に起こるので、
同じように抱えている不安や悩みを本音で語れる場でもあるようです。

グループの司会役は医療従事者。
この記事の場合は、乳がん専門施設での事例で、司会役は乳腺外科の医師が担当。

誰にも見せられない自分の不安や悩みや弱さを話して、相談して、
そして、会話をすることで情報を交換できたり、
1人では気付かなかった解決方法が見つかるかもしれない、など、
グループ療法による心のケアがされていくようです。


今、振り返ってみると、癌の患者さんは病棟にたくさんいたけど、
肉腫の患者さんが、同じ病棟にいたのか?いなかったのか?それすら分かりません。

癌患者さん同士は、癌についての情報を交換できていたけど、
肉腫患者は、どうみても私だけだったから、
情報も何もないし、当然、みんなとは違うから・・・みたいに、病室内でも、
引きこもりがちになって、カーテンを締め切ってました。

そんなときに、このようなグループ療法があったとしたら、
不安や悩みを吐き出せて、早期に気持ちが軽くなれたかもしれません。

トレーニングを受けたスタッフがいない、時間、場所がない、
診療報酬の対象になっていない、という理由から、
このようなグループ療法を実施している施設は少ないようです。
2007.1の調査で行っている施設は7施設と書いてありました。

この記事の最後の方に、がん患者を精神的にサポートする、
「サイコオンコロジー(精神腫瘍学)」について書かれていました。

初めて見た「サイコオンコロジー(精神腫瘍学」という文字。
さっそく検索してみると、国立がんセンターHPの中に、
精神腫瘍学グループのページがありました。

そこには、一般のかた向け資料をダウンロードできるページがあって、
関連記事
2009.06.13 Sat l 健康雑記 l コメント (7) トラックバック (0) l top
横浜は関内駅近くにあります「関内 梅林」で会食してきました。
本当は元町の梅林にするはずだったのに、
なんだか幹事の私が大きな勘違い検索をしてしまい(^^;、
関内の梅林での会食設定を7人の間で進めてしまい、
結果、関内の梅林となりました。

お昼の小懐石コースで値段は3150円(税込)。
この関内梅林は、ほとんどが個室となっていて、
本日は洋室のテーブル席を7名で利用しました。

先ずは、ビールで乾杯&先付。

先付は、ナスとウニの、なんとか・・・・(よく聞いてませんでした(^^;)。
冷たくて、味がしっかりとしていて、クリーミーなウニが美味しかったです。


次は、お造りと椀物。

お造りは、きびなご、ひらまさ、まぐろ。
椀物は、はも、じゅんさい。
はもが出てくるあたり、夏ですねぇ。



お造りに付いてくるワサビは、お店の方が大きな貝?みたいなもので、
本ワサビをすりおろしてくれました。

通常、私は、ワサビとか、カラシとか、辛いものは苦手なんですが、
このワサビは、少しずつお醤油に溶かしてお刺身につけてみたら、
全くツーンとこなくて、とても美味しくいただけました。


次は焼物。
ん?
写真が・・・無い(^^;
撮り忘れてました。
出てきた焼物は鮎の塩焼でした。


次は、飯物。

梅林名物の、うなぎの朴葉蒸し。



中に入っているのは、ごぼうとうなぎ。
ごぼう2本の間に、うなぎがサンドになっている状態。
この写真に写っているのは、ごぼうです。


メインは、ここで終了となり、次はデザートへと続きます。
日本料理店なので、デザートは和菓子系です。

先ずは、水菓子の登場。
今日はけっこう暑かったので、こういう水菓子は嬉しいです♪ 
関連記事
2009.06.07 Sun l お菓子デザートグルメ l コメント (4) トラックバック (0) l top
 今まで、ずっとやろうやろうと思っていながら、出来なかったことがあります。

WEB上で情報交換をする場がたくさんある中で、けっこう少ないと言われている、
子宮肉腫の患者さんの統計。

もっと早くから、こまめに記録していれば、もっと立派なデータになったのだろうけど、
明日こそ明日こそで、もう9年も経ってしまい(^^;、
そこまで経過してしまうと、過去ログから引っ張り出すのも億劫になり(^^;、
なかなかまとめることができませんでした。

ところが、5月いっぱいで、老舗子宮肉腫MLが閉じられるということになり、
過去ログが見れなくなったら、データが収集できなくなる!!

そういうキッカケもあって、あっちこっち顔をださせてもらっている場所や、
自分のブログ、掲示板などなどから、ちょいと頑張って収集してみました。


ゆとりどりーむ本館に、詳しい数を記載した表がありますが、
一応、ブログには、音函が集めたデータ内での、
子宮肉腫種類別罹患率のグラフだけ掲載しておこうと思います。

少ない少ないと言われているけれども、
WEB上では、けっこうこの9年間で子宮肉腫の患者さんに出会っているなぁ・・・
という印象です。

とはいえ、こまめに収集してこなかったということと、
子宮肉腫の患者さんが集まる場所があったとしても、
全員が病歴を公開しているかは不明なので、
本当はもっと人数がいたのかもしれません。

現時点で集められた子宮肉腫患者数は、133名分です。

グラフ画像、ちゃんと貼れるかなぁ・・・
        
関連記事
2009.06.06 Sat l 子宮肉腫【がん】 l コメント (5) トラックバック (0) l top
 今朝、駅の売店で、「え!?」と立ち止まりました。
SMAPの香取慎吾と、こち亀の両さんが表紙でにらみ合い!
TVドラマ化決定?
何が?

思わず少年ジャンプを購入してしまいました!

電車に乗り込んで、中をペラペラとめくっていったら、
慎吾のインタビュー記事が見開きで2ページ分あって、
真剣に読み漁ってしまい、
後になって、ちょっと恥ずかしくなってしまったりして(^^;

でも、もう、遅い!(笑)

またまた楽しみなドラマが増えました!
気になるのは、両津勘吉以外のキャスト。
早く発表にならないかなぁ。。。


さっき、SMAP×SMAPで、剛復帰ライブを見て、
”ありがとう”で一瞬剛がウルッとしたのを見て、
泣く予定は全くなかったのに、もらい泣きしてしまった。。。

SMAPの絆の深さをものすごく感じたSMAP×SMAPでした。

あっ!
いけないっ!
テレビに夢中になってて、そのあとブログの更新をしようとPCに向かってるけど、
ダイドロネル飲むの忘れてた。。。(^^;

飲まなくては・・・


そうそう、それと、去年のSMAPライブで気になっていたんだけど、
剛くんが数曲歌っただけで、ものすごい汗をかいていたこと。

今回の騒動があってから、ちょっと思ったことがあったんだけど、
もしかして、
関連記事
2009.06.01 Mon l 雑記 l コメント (2) トラックバック (0) l top