9月26日(金)、東京ドームSMAPライブに行ってきました。
26日の席は、2階スタンド。
東京ドームでの初の2階スタンド体験は、
めちゃめちゃ怖かったです!!!

後ろから3列目、というか、天井から3列目(笑)だったのですが、
先ずは席に行きつくまでの階段がとても急でゼェゼェ。。。
そして、席に着いて、椅子を倒し、座ろうと思って振り返ったら、
お!!落ちそう!!と、思いました!!!
一瞬、クラッとなりました!

少しだけ、高所恐怖症っぽいところがあるので、
これって、階段を下りて行く時って、どうなっちゃうの?
と、帰りのことをずっと考えて座って開演を待っていました。

階段には、ちゃんと手すりがついているから、
なんとかなるかなぁ・・・。

双眼鏡を用意。
アリーナでキャーっと騒いだので、誰かと思ったら、
今回の振り付けを担当した、TRFのSAMさん達でした。
アリーナFとスタッフ席との間に椅子を置いて座ってました。
公演中は、アリーナが立ち上がると、立ち上がってダンスをチェック。
爆笑トークには爆笑してらっしゃいました。
バックステージに移動すると、椅子をクルっと回して後ろを向いて座って、
バックステージでのSMAPを見てました。

あと紹介された芸能人は、最前列右端に座っていた、
明石家さんまさんと、ジミー大西さん。
さんまさん、しっかりマイクを持たされて、
SMAPとかけあいトークを。
ジミーちゃんは、「やってる!やってる!」を言わされて(笑)、
会場は盛り上がってました。

そして、もうひとりは、鶴瓶さん。
こちらもまたマイクを持たされて、
SMAPとかけあいトークをしてました。
鶴瓶さんは、2階からだと、2列目に座っているように見えました。

さんまさんとジミーちゃんは、
ちゃんとペンライトを持ってノリノリで振っていました。
なんだか微笑ましい光景でした。

いつ頃帰るんだろう?って思いながら見ていたんだけど、
最後の方で気づいて双眼鏡で見たときには、
最前列4席ぐらいが空席になっていました。

24日に1階スタンドで見ていたから、
26日はゴマップながらも、
けっこう双眼鏡を駆使して楽しめました。

でも、やっぱり帰りの階段も急で怖かったです!!!



JUGEMテーマ:音楽


関連記事
2008.09.26 Fri l 音楽雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2008年9月26日(金)

若い男性医師からの手術に関する詳しい説明がありました。

と、その前に、婦人科の成人病外来を受診した際に、婦人科の先生が、
「口腔外科あてにダイドロネルの休薬をするという内容のお手紙を書いて
 送っておきます」
と言っていたので、届いているか確認をしたら、
来ていないということでした(^^;

一応、音函から、成人病外来でのダイドロネル休薬と、
ダイドロネル服用を開始する前に、年明けに診察を受けることになっています、
ということを伝えました。


さあ、親知らず一括抜歯手術についての、最終詳細説明開始です。

年配の先生からの説明とほぼ同じだったのですが、
なんと、右も左も、下の歯については、
相当神経を痛める確率が高い生え方をしているので、
唇両脇に痺れが残る可能性が高いことを告げられました。

そして、右上については、鼻腔に近いところに歯が生えているため、
抜くと、鼻の奥に穴が開いて、
食べ物がピッピッと出てきちゃうかもしれないということを告げられました!!


●じゃあ、先生、私にとっては、4本いっぺんに抜歯をしても、
 いいことナシということになりますよねぇ?

と聞いてみたら、「そうですねぇ」と笑顔で返事が返ってきました。


怖い!
ショック!
どうしよう!!
不安!不安!不安!・・・・・・・・・・


とりあえず、説明を受けて、そのまま4本抜歯の手術を受けるという状態のまま、
帰宅しました。


が、しかし、気になって気になって、いろいろ調べ始めました。
どこのHPに書いてあることも、恐ろしいことばかり。

しかも、ご相談系のサイトには、
一括抜歯を勧めるどころか、1本ずつの方がいいかもしれないとか、
右側なら右側、左側なら左側というように、2本ずつがいいかもとか、
あまり一括抜歯については、おすすめします的な言葉が少ないと感じたのです。

夏に会った友人が、一括抜歯をした話をしていたので、
再度確認してみたところ、同じ日に一括抜歯したわけではなくて、
数日開けて4本バラバラの日に抜歯していたことも判明したのです。

これは、マズイ・・・
やはり、怖い・・・
関連記事
2008.09.26 Fri l 親知らず抜歯手術 l コメント (0) トラックバック (0) l top