卵巣を取ってしまった影響で、早期に更年期障害が始まり、
一気に骨量が減少し、骨代謝異常であるという診断で、
2000年からダイドロネルという薬を服用し続けています。

体にイイ薬はないけれど(^^;、
この薬が少なからずとも私の体に悪影響を及ぼしているのは、
飲むごとに体感しています。

副作用としての主なものに、粘膜に影響を与えるというものがあり、
多分、そのせいなのか?飲むごとに、いろいろなことが私の体に起こります。

3ヶ月に1度、2週間、食後2時間経過後に飲み、
ダイドロネルを飲んだら2時間は食事をしない、
そういう約束事がある薬なので、
私の場合は、夕食が終わったあと、
寝るまでの間に、ダイドロネルを飲みます。

今回は、11月1日から服用しているわけですが、
舌のイチバン奥の、押さえるとウエッとなるあたりに、
ブツブツとしたものがいくつか出来てしまったようです。
ちょっとヒリヒリするんです。
こういうのが出来ると、すぐ、「悪いものでは?」と、
考えてしまいます。

ほどよく、次週、口腔外科の診察があるので、
先生に相談してみようと思います。

口内炎とは、ちょっと違うんですよねぇ。。。
関連記事
2007.11.09 Fri l 卵巣摘出後更年期障害 l コメント (4) トラックバック (0) l top