2007年10月6日(土)に、
主催:日本癌学会 日本対がん協会 朝日新聞社の、
日本癌学会市民公開講座が横浜で行われたという記事が、
今日、朝日新聞の朝刊に掲載されていました。

その中に、パネル討論というコーナーの記事がありました。
参加した患者さんとその家族からの質問に、
出席者のみなさんが答えるという形式のものだったようです。

ここで、セカンドオピニオンについての質問と回答があったので、
ちょっと抜粋。

-------------------------------------------

≪質問事項≫
一つの病院にかかっているのですが、
別の医師にセカンドオピニオン(主治医以外の意見)を受けたいという質問です。

≪回答≫
 (回答者:山口俊晴さん((財)癌研究会 有明病院)

セカンドオピニオンは、すごく奨励されておりますが、
私が皆さんにお願いしたいのは、
あちこちに目を奪われる前に、
現在の担当医とじっくり話し合っていただきたいということです。

先日も、セカンドオピニオンを求めて患者の家族の方が来られました。
お話をうかがうと、患者さんには大変まともな診断と治療が行われていました。

そこで、「担当医の先生はどういう方ですか」と聞いたところ、
「会ったことがありません」とのことでした。
要するに、地方の病院では心配なので、
都会の大病院にかかりたいということなのです。

セカンドオピニオンは大変よろしいんですが、
ちょっと使い方を間違えると、
医療の現場がかえって混乱します。

ぜひ自分たちからも、
積極的に担当医の先生と話してください。

口下手な先生もいますから、
みなさんにもご協力をしていただきたいと思います。

---------------------------------------------------

という記事でした。

セカンドオピニオンって、診断と治療が行われている状況下で受けるのが、
セカンドオピニオンなんでしょうかね?
未だにそこらへんのところが判っていない音函なのです。
関連記事
2007.10.25 Thu l 健康雑記 l コメント (2) トラックバック (0) l top
ガリレオ2話目も見ました。
1話目の謎解きやトリックがインパクトありすぎて、
2話目もおもしろかったんだけど、
ほんのちょっとだけ興奮度は低めだったかな。。。
というのが正直なところです。

abiadoの付録が来ました。
新ドラマオリジナルクリアファイル。
ガリレオの渋いクリアファイルでした。

これは湯川先生ファンにとっては、
たまらんっ!って感じかもしれませんね[:ハート大小:]
関連記事
2007.10.24 Wed l TV雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日、乳がん検診に行ってきました。

とはいっても、市の乳がん検診ではなくて、行きつけのクリニックに、
大学病院の乳腺外来専門の先生が月に一度来て診察をしてくれる日があって、
触診とエコーの検診を受けてきました。

このクリニックに来てくれている先生は、女性の先生です。
何度か乳がん検診を受けていますが、女性の先生の方が、
精神的に、安心して受けることができます。

クリニックで行う乳がん検診ですので、
マンモグラフィなどの大きな撮影機器はありませんので、
触診とエコーだけとなります。

だけど、市などの乳がん検診と違って、
不安な痛みとかシコリっぽいものとかについて、
詳しく聞けるし、詳しく時間をかけてエコーの画像診断をしてくれるし、
これが骨でこのあたりには元々乳腺がないからとか、
詳しく説明もしてくれるし、気が楽になれるのが利点かもしれません。

今回の乳がん検診では、特に悪性と見られるような部分はありませんでした。


音函の乳がん検診体験談は、ゆとりどりーむ本館にあります、
乳がん検診体験談のページに、マンモグラフィをはじめ、
乳房に針を刺すという検査なのですが、ステレオマンモトームの体験談も、
ちょっと痛々しく書いてあります。

 本館:乳がん検診体験談
関連記事
2007.10.21 Sun l 乳がん検診 l コメント (11) トラックバック (0) l top
昨夜、NHKで放送していた、
ドキュメント にっぽんの現場「いのちのリレー~がんに立ち向かった24時間~」
という番組を見ました。

がん患者や、その家族がひとつになってがんに立ち向かおうと、
9月に芦屋市で開かれた「リレーフォーライフ」というイベントに、
24時間密着取材したという内容の番組でした。

トラックを参加者みんなで歩いて、24時間リレーをしていくというものでした。

同じ病を患い、闘病し、人に言えない悩みなどを、歩きながら互いに話したり、
ときには励ましあったり、患者本人同士であったり、家族同士であったり、
患者と別の患者の家族で話をしたりと、
交流を深められるイベントという印象でした。

番組内では、参加者のそれぞれの思いが映し出されていました。
抗がん剤などの治療をしている途中で、
外泊許可をもらって参加している人もいれば、
去年第1回目が行われた様子をテレビで見ていて、
なんだかみんな楽しそうに歩いている姿を見て参加したくなった人とか、
自信を失いかけていたけど、参加してみて、みんなでゴールをして、
自分にもできたという自信が生まれてみたりとか、
それぞれがいろいろな思いで歩いているというのが伝わってきました。

昨夜の放送で、このイベントを初めて知りました。
アメリカでは、すでに、全米4000カ所以上で行われているそうで、
世界だと、20ヶ国以上で行われているイベントだそうです。

世界共通して、”紫”がイメージカラーのようです。


一度は、自分も、生死の境に立たされて、
関連記事
2007.10.18 Thu l 健康雑記 l コメント (14) トラックバック (0) l top
デパートの催し場で、秋のグルメフェアみたいなのをやっていて、
全国から選りすぐりのスイーツや食料品がたくさん並んでいました。

そんな中、ついこの間行った、逗子駅前の商店街から、
「珠屋」(たまや)という洋菓子屋さんが出店していたので、
数種類あるロールケーキなどの中から、悩んで選んで、
「ピーチロール」のハーフを購入して帰ってきました。

お店では、1660円の通常の大きさのロールケーキしか置いてなくて、
ハーフは催し用の限定品だとか。

生クリームと黄桃が入っているだけの、
とてもシンプルなロールケーキでした。

ロールケーキって、生クリームが多めに入っているものが、
けっこう多かったりしますが、
珠屋さんのピーチロールは、
スポンジと生クリームの量がちょうど半々ぐらいとでもいいましょうか、
どちらも出しゃばらずにいてくれて、
ピーチロールだけあって、黄桃が引き立っているロールケーキでした。

デビルスっていう、ココアスポンジに、
たっぷりのマロンバタークリームをサンドしてあるというケーキも、
ちょっと気になりましたが、今回は店員さんおすすめの、
ピーチロールだけにしました。


関連記事
2007.10.18 Thu l お菓子デザートグルメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
フジテレビの月9ドラマ「ガリレオ」始まりました!
初回は拡大版だったせいなのか、CMが数分単位で流れていたので、
これ、途中で、集中力途切れちゃうかなぁ・・・?と思っていたけれど、
ちょうど、ワクワク、ドキドキな場面でCMになってくれてたので、
集中力途切れることなく最後まで見れちゃいました!

何年ぶりかなぁ???
ちゃんと最後まで見たいと思いながら見れたドラマって。。。

これは、1話完結だし、謎解きの題材が毎回変化してくれるわけだから、
最終話まで見れちゃいそうな感じです。

それにしても、湯川先生、ステキです[:ラブラブ:]
来週は、”むっつりスケベ”というキーワードも出てきたりして、
ますます楽しくなりそうな気配です!!

関連記事
2007.10.15 Mon l TV雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
子宮肉腫には、いくつかの種類があります。

  子宮平滑筋肉腫
  子宮内膜間質肉腫
  子宮癌肉腫
  ミュラー管混合肉腫

などです。

 ※ミュラー管については、ミュラー管とミューラー管という、
  ふたつの表記がありましたが、
  ゆとりどりーむブログでは、ミュラー管という表記で掲載しました。


子宮肉腫であるという診断であった場合は、担当の医師に、先ず、
自分がどの種類の子宮肉腫であるのか?を、
質問されることをおすすめします。

もしも、医師の答えが曖昧な場合は、経験の豊富な病院、がんセンターなどで、
病理のセカンドオピニオンを受けるなどした方が、
正確な診断を受けることができるのではないかなと思います。
 

音函は、子宮平滑筋肉腫でした。
医学にはド素人の音函なりに、おおまかにですが、あちらこちらで調べて、
まとめてみました。


子宮平滑筋肉腫

先ず、平滑筋について。
関連記事
2007.10.13 Sat l 子宮肉腫【がん】 l コメント (2) トラックバック (0) l top
スピッツのさざなみOTRのVINTAGE先行抽選結果が出ました。
みごと!落選![:悲しい:][:あめ:][:あせあせ:][:ポロリ:]
予想通りといえば予想通りだけど、かすかな期待もあったりしてたけど、
やっぱりね!な、結果でございました。

さあ、ヤケ食い!(^^;
といきたいところですが、なにせコレステロール値がオーバーしちゃっている身。

久しぶりに、diet'sのフルーツ味を飲みました。
氷があるうちに、飲んじゃわなくちゃ。

マイクロダイエットみたいな感じ?(これ、試したことナイからわからないけど)
350ccの水(氷含む)に、diet'sという商品の粉を入れてシェイク!
そして、その出来上がったものを飲みます。
水の量によっては、ちょっぴりドロっとしてるけど、
ちょっと氷を多めに入れたりしてみると、自分の飲みやすい濃度になるのです。

満腹感は3時間ぐらい持続するので、
今夜はこのdiet'sだけ飲んで終了~!
関連記事
2007.10.11 Thu l 音楽雑記 l コメント (2) トラックバック (0) l top
往路は下り坂なので、駅まで30分ちょいかけて歩くようにしています。
今朝は、歩き出して数分のところで、
なんか、ほのかに甘い香りがするなぁ・・・と、
クンクンしながら歩いていました。

そして、また数分歩くと、またもや甘い香りが・・・

???
この香りって、なんだっけ???

と、キョロキョロしていたら、道路端にある家々の庭に、
オレンジの花をつけたキンモクセイがあることに気づきました。

キンモクセイ

結局、駅に着くまでのうち、住宅地が続いている区間すべてで、
今朝はキンモクセイの香りがただよっていました。

きっと、音函の住んでいる地区のキンモクセイが、
満開になったんでしょうか?
とにかく、いい香りの朝でした。
関連記事
2007.10.10 Wed l 雑記 l コメント (6) トラックバック (0) l top
知らなかった!!
任天堂のホームページから申し込みをすれば、
Wiiリモコンの「Wiiリモコンジャケット」なるものを、
無償で提供するということになっていたとは!!

「Wiiリモコンジャケット」とは、
Wiiリモコン用の保護カバーだそうな。

「Wiiリモコンジャケット」を、今持っているWiiリモコンへ装着し、
握りをしっかりするための手助けや、
Wiiリモコンの落下や、
万一の場合の接触においてもクッションになるであろうということで、
開発されたのだそうです。


Wii本体に記載されている製造番号を確認メモして、
ネットから申し込みをしてきました。

送られてくるのは、今月中旬から申し込み受付順に送ってくれるのだそうで、
2日から受け付けていたようだから、
ちょっと先になるのかな。
関連記事
2007.10.09 Tue l 雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
お風呂に入ったとき(湯船につかったとき)の足のリンパマッサージは、
退院後からずーっと今でも続けています。
このリンパマッサージは、婦人科の壁にぶらさがっていた、
「広田内科クリニック」の院長先生でもある、
リンパ循環の専門医である廣田彰男先生が書いた小冊子を見て、
その方法に従って行っています。

足先から心臓に向かって、手のひらで、やわらかく、
ほとんどサワサワと触っているかなぁ~程度の力で行います。

足先からくるぶしまで、
くるぶしからふくらはぎまで、
ふくらはぎから膝まで、
膝から腿の付け根まで、
腿からおへそまで、
腿の裏側から臀部(お尻を上に向かって)、
臀部から腰、
みたいに、
下から上へ向かっていくのですが、
注意しなければいけないのは、
戻っちゃいけないんだそうなんです。

広田先生が作っているページ?病院が作っているページ?
どちらが運営しているのかはよく分かりませんが、
「むくみのページ~リンパ浮腫の治療~」というサイトがあります。
むくみのページ→リンパ浮腫の治療→3.マッサージ、
このようにクリックしていきますと、
関連記事
2007.10.07 Sun l 術後のリンパ浮腫 l コメント (0) トラックバック (0) l top
退院してからは、シグバリスの圧力ストッキング(弾性ストッキングともいいます)を、
両足とも履いていました。

一応、退院前に、先生に、どのぐらいの圧力のものがいいかを測ってもらって、
シグバリスの圧力ストッキングがいいのではないか?
ということになったので、購入しました。

音函が使っていたタイプは、つまさき付きで、モモのところまでのタイプです。

  :ストッキングについているタグの品番などを、記載しておきます。
  :SIGVARIS
  :901
  :H522 Ccl1
  :small N+P
  :8-91/2
  :lang/long
  :1189526K01
  :Swiss made


お腹まである、いわゆるストッキングタイプだと、
退院が夏だったのもあって、きっとムレたりするだろうなと思ったので、
悩んだ末、モモまでタイプを選びました。

真夏は汗で落ちてこなかった分、ちょこっとかゆかったけど、
逆に真冬は汗をかかないので、ずるずるっと膝上まで落ちてきちゃいました。
だけど、落下防止対策は、シリコン製の滑り止めなど、
いろいろあったのですが、
面倒だったのもあって(^^;使いませんでした。

意外と膝上まで落ちてきても、
結局引き締めが大切になってくるのは、足の下のほうなので、
さすがに膝下までズルズルと落ちることもなかったので、
そのまま使っていても大丈夫でした。

ただ、座って仕事をしているときは、
膝上ちょっとのところに丸まっていると、
締めすぎになってしまい若干痛くなってくるので、
関連記事
2007.10.07 Sun l 術後のリンパ浮腫 l コメント (0) トラックバック (0) l top
いよいよリンパ浮腫、リンパ嚢腫に対する、外科的処置が行われました。
2000年5月末日に腹部への局所麻酔にて、およそ40分ほどで、
5×10センチぐらいのリンパ嚢腫(ノウシュ)に針を刺して、
リンパ液を引き抜く処置をしました。

液を抜き始めて、もしもリンパ液ではなくて血液だったら、
抜かずに考えるといわれていました。
それと、リンパ嚢腫の袋が2箇所あって、
両方に刺すかどうかは、エコーで見ながら考えますとも言われていました。

処置をした結果です。
ひとつは膀胱の隣なので、針は刺さなかったそうです。
もうひとつ外側の方だけに刺して、27CCのリンパ液が引けたそうです。

お腹には、1針縫うぐらいの穴が開けられて、
リンパ液を体外に出すための、ドレーン(管)がつけられました。
痛みは少々ありましたが、そこそこ我慢できるかな。
と思ったら、麻酔が切れて処置後2時間ぐらい経過したら痛くなりました(^^;

痛み止めのロキソニンを飲みました。
袋に溜まったものはリンパ液で、血液じゃなくてよかった・・・と、
ひと安心しました。

ドレーンを通り袋に溜まったリンパ液は黄色くてあたたかかったです。

少し横になって、処置後初めてトイレに立ったとき、
ドレーン袋に血液まじりの色のものが、
関連記事
2007.10.07 Sun l 術後のリンパ浮腫 l コメント (0) トラックバック (0) l top
手術から6日目に起きた、下半身全てが浮腫(むく)んで、
感覚が無くなってヒリヒリしたというものが、リンパ浮腫の最初の症状でした。
昨日まで履いていたパンツが履けないぐらい、
モモの部分がきつくなってしまったのです。
気づかないうちに、太ももが、一気に一回り太くなってしまっていたのです。

リンパ節を取ってしまったため、足から心臓方向に戻ろうとするリンパ液が、
モモの内側あたりにあったはずのリンパ節を経由できなくて、
モモから下の体内で、行き場を探しているうちにも、
どんどんリンパ液は増えていくので、
足が浮腫んでしまうという症状が出るのです。


術後10日目に、股関節というか腿の付け根が痛くなりました。
この痛みは、リンパ嚢腫(ノウシュ)が出来てしまったことによるものでした。
エコーで見ると、5×10センチぐらいの嚢腫(ノウシュ)が出来ていたので、
部分麻酔でお腹に針を刺して、リンパ液を引くという処置と、
ドレーンを入れる処置をしました。

  ?嚢腫(ノウシュ)とは、良性腫瘍(しゆよう)の一種。
  ?腺組織の腫瘍のため、腺管の出口がふさがれて
  ?袋のようになり、中に多量の液体がたまったもの


通常ですと、足を圧迫する機器を使って、
時間をかけて治すという方法が一般的らしいのですが、
関連記事
2007.10.07 Sun l 術後のリンパ浮腫 l コメント (0) トラックバック (0) l top
結局、卵巣子宮リンパ節摘出手術から6日目の深夜に、
音函の体を襲った、ピリピリ感は、
卵巣を摘出して、一気に女性ホルモン(エストロゲン)が体内から無くなり、
更年期障害のありとあらゆる症状が一気に襲ってきていた!
ということだったらしいのです。

足、頭、顔、手、頭にまで広がった電流が走ったような激しいピリピリ感。
手と足の裏の、もの凄い量の汗。
そして術後7日目以降もずっと残ったピリピリ感。
そしてさらに、肩こり、背中が熱い、吐き気など。

その後は、術後10日ぐらい経過した頃から、
ホットフラッシュといわれる、ほてりが、
30分に1回のペースという、もの凄い勢いで襲ってきました。

その後6月に入って、暑い病室で、
同室のみなさまは化学療法をされていて寒いということで、
クーラーも切られた中、
ウチワを片手にカーテンは開け放ち、
ただただ一人で汗ビッショリになって、「暑い暑い」とボヤキながら、
更年期障害の特徴的な症状を体感しながら、
イライラして(これも更年期障害の特徴的な症状のひとつ)過ごしていました。

 ---卵巣摘出手術をしてから22日後の日付でしたが、---
 ---「のぼせ発汗記録」なるメモが残っていたので記載しておきます---
 ---見舞いが来たか寝ていたか何かで昼間の時間帯はメモしてませんでした---
      6:25  7:25  8:25  9:25  10:25
      11:25  12:25  13:05  13:35
      18:55  19:40  20:20  21:00
    以上が、卵巣摘出手術をしてから22日後の、
    ホットフラッシュ(のぼせ)による発汗が起こった時刻のメモです。
    自分でもビックリですが、みごとに定期的に襲ってきていますね。
    これって、意識せずとも、ある程度の時間が経過すると、
    ザー、ダー、みたいに、全身汗まみれになっていたのを記憶しています。
                  
卵巣を摘出する手術をする場合、
関連記事
2007.10.07 Sun l 卵巣摘出後更年期障害 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「ゆとりどりーむブログ」は、
2006年2月26日にオープンしたHP「ゆとりどりーむ」の別館ブログ版です。

バセドウ病、シェーグレン症候群など、いろいろな病気の体験談を掲載している、
「ゆとりどりーむ」HPと少し違い、この「ゆとりどりーむブログ」では、
女性の病気に多い子宮筋腫(キンシュ)、
そして、ちょっとまれな病気である子宮肉腫(ニクシュ)になった体験談だけを、
主に書き綴っています。

そのほかに、ドラマ、音楽、韓国ドラマ「太王四神記」などの雑記を書いています。

まあ、早い話が、ちょっと、いや、かなり乗り遅れた状態ですが(^^;、
ただ単に、ブログを始めてみたいなと、思ったというのが、
正直なところです。

他に四角い写真だけをアップしているしかくいつねひごろ□square daily□も始めました。

当ゆとりどりーむブログ規約
 以下のような書き込みは、管理人の権限で、
 無告知で削除する事がありますのでご了承ください。
  ・宗教関連の話題での書き込みの類、全般。
  ・営利目的での書き込みの類、全般。
  ・他人の中傷・批評等、誰が見ても気分の悪くなるような書き込み


★「ゆとりどりーむ」本館トップページはこちらからどうぞ★

★「ゆとりどりーむ」本館 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)体験談へはこちらからどうぞ★

★「ゆとりどりーむ」本館 シェーグレン症候群体験談へはこちらからどうぞ★

下の、続きを読む>>をクリックしていだきますと、
ほんとにざっとだけですが、音函の甲状腺機能亢進症(バセドウ病)体験と、
シェーグレン症候群体験を、このブログ中に記載してあります。
2007.10.07 Sun l このサイトについて l コメント (3) トラックバック (0) l top